ホーム

記事一覧

RSS

女児、大声で叱られPTSDに 祭り主催の市に賠償命令

 秋祭りでボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認め、約20万円の支払いを同市に命じた。

 判決などによると、女児は両親らと2014年11月に同市内であった秋祭りを訪れた。その際、輪投げ会場の受付の机の上にあった景品の駄菓子を手に取ったことを、80代のボランティア男性に大声で叱られた。女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、父親と男性が口論するのを見て、4カ月後にPTSDと診断された。

 裁判で原告側は、叱られた後、女児が両親から離れるのを怖がったり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたと主張。市側は、暴言はなく、症状との因果関係はない、と訴えていた。

<以下省略>

※引用元:

女児、大声で叱られPTSDに 祭り主催の市に賠償命令:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKC95S3SKC9UTIL04Z.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • そもそも発症原因が叱りと断定出来るのか?口論の可能性は?イベント萎縮やダメ親増長等の社会的影響も考えると妥当な判決ではないような。
  • 怒鳴った爺さんが100%悪いとは思えないが…。泣いている子どもの前で爺さんと怒鳴り合う姿を見せたらトラウマにもなるて…親も悪い気が。
  • PTSDとは本来「命の危険に晒されるような出来事」による精神的ショックを指す。言いたいことは分かるけれど、金が絡むような裁判沙汰なら誤用は避けるべきだろう。
  • ちょっと意味がわからない。字面だけ読むと、多少粗暴な雷親父に怒られた女の子の親がクレーマーな雰囲気。
  • 何をしても訴えられるから衝動で行動しないよう諭すような出来事だ。 社会全体で子供を教育という理想は、今は通じない。
  • 状況見てないと実際どうなのかわかんないよね、これ。登場人物の属性だけで判断して断定すると恥かくやつだ。
  • 心理学と裁判の力によって、時代はこういう風に流れてゆくのだろうね。日常の暴力や暴言がどんどん忌避される。でも怒鳴ったジジイではなく、市の責任?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: