ホーム

記事一覧

RSS

記者は見ていた!山尾氏のウソ「むき出しの好奇心などはまるでなかった」 選挙戦実際は批判の嵐


 週刊文春が「禁断愛」のお相手と報じた弁護士の倉持麟太郎氏(34)を政策顧問に迎えるとして再炎上している山尾志桜里衆院議員(43)だが、ここにきて選挙戦で「むき出しの好奇心などはまるでなかった」と言い出した。不倫疑惑に関する有権者の批判がなかったかのような口ぶりだが、残念ながら事実ではない。山尾氏が選挙戦で地元有権者から浴びせられた罵声や怒号、嫌悪の視線など、一部始終を夕刊フジ記者が明かす。

山尾志桜里

※引用元:

記者は見ていた!山尾氏のウソ「むき出しの好奇心などはまるでなかった」 選挙戦実際は批判の嵐

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171111/soc1711110006-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 上からではなく、下から目線になることで相手にも自分の言い分をわかってくれたと思ってもらえます。そういう姿勢が大切だと学んできました。柳内光子の名言 ※正式な会見の場で説明責任を懇願!!
  • 加計・森友の問題追及などに時間を費やすな、と批判する輩に限って、山尾さんの追及に目を剥いている。所謂「サンケイおじさん症候群」である。
  • 単に消去法で当選してしまったもの。今からでも、無効票の大量の投函を考慮して選挙のやり直しをすべき!日本の恥❗️
  • 記事詳細|Infoseekニュース 捏造記事だ。山尾氏への女性有権者の応援は、愛知県民のワシがよくわかっている。デマ情報である。
  • じわじわと追い詰められて、嵐をやり過ごす。忘れた頃にまた炎上。懲りない人はどこまでも獣道地獄道。
  • 政治家公務員官僚は勝ち組。何をやっても許される。バカを見るのは庶民。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: