ホーム

記事一覧

RSS

電波オークション導入 議論本格化で野田聖子総務相、どうさばく?


 電波の有効利用を検討する総務省の「電波有効利用成長戦略懇談会」の議論が10日、スタートした。公共用周波数をはじめとする電波を有効利用し、安倍晋三内閣が掲げる成長戦略に反映する方法を探る。一方、政府の規制改革推進会議も周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」の導入を軸に議論を進めており、電波の有効活用をめぐる政府内の意見調整が難航するおそれがある。電波行政を所管する野田聖子総務相がどうさばくのか。その力量が問われそうだ。

 野田氏は同日午後、総務省で開かれた懇談会の初会合で「わが国は少子高齢化に伴って最大のピンチを迎える。今こそ情報通信技術の徹底的な活用、とりわけ電波の有効利用を進めていくことが重要だ」とあいさつした。

 野田氏は懇談会に先立つ記者会見で、電波オークションの導入に関する規制改革推進会議の議論について「総務省も積極的に議論に協力している」と述べたが、懇談会では出席者から電波オークションの導入に関する発言はなかった。

<以下省略>

※引用元:

電波オークション導入 議論本格化で野田聖子総務相、どうさばく?

http://www.sankei.com/politics/news/171111/plt1711110012-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • これは見ものですね。ビッグマウスの野田氏の評価基準となりそうです。現状、国民の財産である電波の運用は明らかに国民に対し、利益を生んでいません。定期的な免許の見直しを求めます。
  • 元々旧民主党政権時代に導入が検討。総務省が1年以上かけて制度設計し、閣議決定関連法案が国会に提出されたが、当時野党だった自民党の反対で廃案。 クソだな
  • 「もともと電波オークションは旧民主党政権時代に(中略)関連法案が国会に提出されたが、当時野党だった自民党の反対で廃案となった」。
  • 】 既得権益で甘い汁吸ってた連中からすれば死刑宣告だよな。 時代に合わせて変わらねばならぬのに変わり方を模索できない。 古き血を捨て去れない老害は去れ。…
  • 民主党はある意味善意のみでやっていたから失敗した。自民党は巧妙に言論統制に繋げるから成功するだろう。ヤマトメディアの思惑とも合致する。
  • 『総務省も「外資規制ができず、安全保障上の問題が出てくる」などの理由で導入に消極的な姿勢』←それ民主党政権時の閣議決定法案内容ね。
  • 獣医師会よりも強い岩盤だと思うけど「OECD(経済協力開発機構)加盟国の多くで導入済み」なんだから、是非とも電波オークションは導入して欲しい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: