ホーム

記事一覧

RSS

「指導」?「パワハラ」?強豪高監督の賞状破り 為末大氏に聞くと…


 全国大会での優勝経験もあるハンドボール強豪高校の50代の男性監督が、昨秋に行われた県新人戦で贈呈された2位の賞状を、選手らの面前で破り捨てたことが波紋を呼んでいる。選手に圧力をかけて成長を促す指導はスポーツ界でしばしばみられる手法の一つだが、「体罰」との境界線は曖昧だ。教育現場はどんな変革を求められているのか。(社会部 三宅陽子)

保護者から協会への通報で発覚

 男性監督による賞状破りが発覚したのは、これまでの監督の言動を問題視した選手の保護者の一人が今年2月、日本ハンドボール協会(以下、日本協会)に「体罰やモラルハラスメントがあった」などと通報したことがきっかけだった。

 日本協会は6月、部員への暴力行為を理由に監督を3カ月の指導停止処分としたが、監督は処分を不服として日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に申し立てを実施。JSAAは9月、処分について「どの事実を認定し、処分対象としたかが明確になっていない」などと指摘した上で、日本協会の調査手続きに瑕疵(かし)があったとして、監督の処分を取り消すとする「仲裁判断」を出した。

<以下省略>

※引用元:

2位じゃダメ?ハンドボール強豪高校で起きた監督の賞状破りは「指導」?「パワハラ」? 為末大氏に聞くと…

http://www.sankei.com/premium/news/171111/prm1711110018-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 学校の先生に部活の指導を任せること自体が限界にきていると思う。だから産学連携のスポーツクラブに移行できる仕組みを岡山で探ります。
  • 学校で部活動や授業における体罰は、暴行や侮辱罪で厳格に法対処すべし。
  • 「パワハラ」? 頑張り抜いた末の表彰を否定する権利は指導者になはい。 さすが産経は見方がアホですね。
  • パワハラにもあたるのだろうけど、「最近の若者は~」という資格がないくらいモラルに欠けた体育会は見受けられるよね。
  • 「パワハラ」? 2年生にとっては有効かもしれないけど3年は可哀相だな。3年間の全ての努力を否定された感じ。















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: