ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都民ファースト失速、葛飾区議選5人擁立も当選1人


 小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が、7月の都議選後、初めて地方選に候補を擁立して注目を集めていた、東京都葛飾区議選は13日、開票(12日投票)された。

 定数40に対し、59人が立候補。都民ファは、公認候補5人を擁立したが、1人しか当選できなかった。

 「姉妹政党」の希望の党が衆院選で失速したのに続き、小池系勢力は7月の都議選で圧勝したはずの東京都内の区議選で、惨敗する結果になった。

 当初、都民ファの公認を得ながら辞退して出馬した女性候補は当選。また、同様に公認を辞退し、小池氏や都民ファとたもとを分かった音喜多駿都議、上田令子都議が応援した男性候補も当選した。

 音喜多&上田コンビが支援した別の女性候補も、当選した。

<以下省略>

※引用元:

都民ファースト失速、葛飾区議選5人擁立も当選1人 - 社会 : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201711130000403.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 確かに鳥越陣営が馬鹿なのは間違いなかったが、小池百合子が突然やって来て「都議会は闇の組織」と言い出したら、それに乗ってしまった大多数の都民ってのも、どうしようもなかったよな。…
  • 「NHK絶対頃すマン」と「韓国入国禁止マン」でさえ受かる選挙で5打数1安打しかできないって、勢いどうこう以前に恥ずかしくないの?
  • 自民都連を排除して利権解体した成果を見せなきゃいけない時期だ。横文字並べるだけの無能知事という評価が固まったので二期目は無いだろう。
  • 私と上田都議が応援した両候補が当選したことに触れてくれている記事。既存の古い政党(もう都民ファーストもこの範疇か)ではない、真に新しい政治への期待を感じます。
  • 今回の葛飾区区議選が小池氏の賞味期限切れを証明。 潔く辞任された方が東京都の傷口は浅くすむぁ…。
  • 希望の党も民進からの移籍議員ばかりになって小池の味方をする者もいなくなり、みんな代表から降ろしたがってると。小池が排除されるという因果応報展開が間近らしい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。