ホーム

記事一覧

RSS

無礼極まる韓国にどう対処するべきなのか 八幡氏、これが「究極の対抗策」だ


 文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国政府が、ドナルド・トランプ米大統領を歓迎する夕食会に元慰安婦を招き、島根県・竹島近海の「独島エビ」を料理で提供したことが、日本国民を憤慨させている。この無礼極まる隣国に、どう対処すべきなのか。「韓国を正す3つの方法」について、評論家の八幡和郎氏が緊急寄稿した。

慰安婦問題

文在寅

 日韓関係が、いつの時代もこじれるのは、韓国が無礼な態度で相手の気持ちを逆なですることと、いったん決まったことを、ちゃぶ台返しするからだ。戦後の日本は、常に一歩下がることで、対日感情が良くなることを期待したが、図に乗られるだけで長期的な改善には役立たなかった。

 そこで、慰安婦問題をめぐる日韓合意では「最終的かつ不可逆的」と念を押して、米国も証人にしたから、何を言われても動じないで済んでいる。だが、韓国が嫌がらせをさらにエスカレートさせたときのために、「究極の対抗策」もシミュレーションしておくべきだ。

<以下省略>

※引用元:

無礼極まる韓国にどう対処するべきなのか 八幡氏、これが「究極の対抗策」だ

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171113/soc1711130007-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ➡︎南北統一に伴うコストは日本の資金を当てにするなと通告。 日本人が半島に残した個人財産への補償請求。 「特別永住者」は2代目までしか継承不可。
  • 入管関係の法律を強化して密入国者を取り締まる。また、密入国者の家族などに生活保護や年金をあてがうことをすぐに止める。等もお願いします。
  • 八幡氏、これが「究極の対抗策」だ[夕刊フジ/Yahoo!ニュース] パヨク&マスゴミの「在日特権は妄想」はペテン。下楽浪と吸ってる甘い汁セットなのがバレるとマズいから。
  • 八幡氏、これが「究極の対抗策」だ(夕刊フジ) 韓国が日本から半導体の原材料や生産設備などを大量に輸入して製品を生産世界のマーケットシェアを日本メーカーから奪って来た。国交断絶して奪い返せ。
  • 八幡氏、これが「究極の対抗策」だ(夕刊フジ) ~確かに必要な対抗策ではあるけれど、国交断絶及び経済的な結びつきの解消を図るべき。朝鮮は日本にとって必要ない。
  • 1番目と3番目は効果があるでしょう。 南北統一は日本からすれば暴利を貪る好機。他国を支援して我慢をするか?裕福になるか?の二者選択です


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: