ホーム

記事一覧

RSS

山尾志桜里氏の地元・愛知県の後援会長が辞任 取材に議員への苦言も


 週刊文春に不倫相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問にする意向を神奈川新聞で表明した山尾志桜里衆院議員(43)の選挙区、衆院愛知7区の地元後援会長が14日までに辞任した。

 13日発行の夕刊フジによると、辞任したのは、東郷町後援会長を務めてきた野々山利博氏(78)。12日の役員会で了承されたという。

 夕刊フジの取材に、野々山氏は「(辞任は)8月から申し入れていたもので、10月には役員交代の話も出ていたが、衆院選が始まるから『そのままでいこう』という話になっていた」と説明。山尾氏が倉持氏を政策顧問に起用することを明らかにした直後のタイミングでの辞任について「山尾さんとは関係ない。選挙の総括も含めていい機会だと思った」としている。

 野々山氏は地元後援会長として、山尾氏の言動に苦言を呈してきた。

<以下省略>

※引用元:

山尾志桜里氏の地元・愛知県の後援会長が辞任 取材に議員への苦言も

http://www.sankei.com/politics/news/171114/plt1711140019-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 流石の朝鮮人山尾、後援会長も手玉にとって、働かせ、不倫相手の朝鮮人倉持を顧問とは、選挙民を謀った。是で、次は終わりだろう。好き放題が楽しみだ。好いお仕事が、捏造事件のお騒がせをまたやるか?本質が無い!
  • 『政界?失楽園 パートⅡ 』って、のちのち言われるような展開の予感。じゃなきゃ、彼と再び組むなんて誰得な事しないわな。
  • 他人には不倫たの秘書だのと執念深く度を越えた責任追及をして来たくせに、自分に大甘で逃げるだけ。これこそ人間性の問題な…
  • こうやって周りもだんだんと去っていくんやなって。そして残るのは思想の偏ったお友達とヨイショしてくれる取り巻きのみと。しょーもない。
  • 不倫相手をスタッフにするなんて公私混同、許せないわな。 選挙で当選すれば、全て許されたなんて勘違いも甚だしい。 ま、また問題を起こして大泣きするんだろうね。
  • 馬鹿にしている、と言うよりも、事実として。 支援団体の意向を無視しています。それでいて当選した後にこの発表は、現時点で支援を受けていないと同義では?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: