ホーム

記事一覧

RSS

「保守速報」の記事掲載、差別と認定 地裁が賠償命じる


 ネット上の差別的な投稿を集めて掲載され、名誉を傷つけられたとして在日朝鮮人の女性が、まとめサイト「保守速報」を運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。森田浩美裁判長は、運営者に名誉毀損(きそん)や差別の目的があったと認定し、200万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、大阪府東大阪市在住のフリーライター李信恵(リシネ)さん(46)。原告の弁護団は、まとめサイト運営者への賠償命令は「我々が知る限りで初めて」と評価した。運営者側は控訴する意向。

 判決によると、運営者の男性は2013年7月から約1年間、保守速報に、匿名掲示板「2ちゃんねる」などに書き込まれた李さんを差別や侮蔑する投稿を、編集した上で掲載した。

 判決は、李さんへの「頭おかしい」「朝鮮の工作員」といった表現は、社会通念上許される限度を超えた侮辱にあたると認めた。「日本から叩(たた)き出せ」などの記述は排除をあおり、人種差別にあたると判断。容姿などの揶揄(やゆ)も挙げ「名誉感情や女性としての尊厳を害した程度は甚だしく、複合差別だ」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

「保守速報」の記事掲載、差別と認定 地裁が賠償命じる:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCJ552TKCJPTIL01D.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 座間市9人遺体事件被害者の顔や個人情報は遺族の意思を無視して公表するのに差別デマサイト管理人のプライバシーには配慮を働かせてどこのメディアも実名は出さないんだな。
  • 当然だが画期的な判決。結局あいつらのやってる事は『死の部隊』だからな。メディアと言葉の暴力を武器に社会的抹殺を図るという点が諸外国とは違うが。
  • “運営者側は「情報の集約に過ぎず違法性はない」と主張していた。しかし判決は、表題の作成や情報量の圧縮で内容を効果的に把握できるようになったと指摘。”
  • どっちかというと保守速報の全国デビューだと思うが。詳しくは知らないが、個人相手なら妥当。民族的な誹謗なら微妙かな。逆差別の問題に踏み込んでほしいから。
  • まとめサイトの責任を認めたこの判決の意味は大きい。外国人差別に限らず、政治家や政党への誹謗中傷などにも、この判決の判断を適応することができるに違いない。
  • この判決は画期的で、まとめサイトの『○○は××だ!』と、△△は言っています。というのを集約したら、印象操作になるから有罪ってことなんですが。既存マスコミは全部有罪に出来ますよね。これ。
  • 2ちゃんをまとめたら差別で起訴。朝鮮日報の報道を元にコラムを書いたらソウル中央地検に起訴された産経新聞の記者を思い出してしまった。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: