ホーム

記事一覧

RSS

変わる刑務所「臭い飯」販売も 再犯防止へ市民に塀低く

 閉鎖的なイメージの強い刑務所が、地元住民との交流を進めている。刑務所内を見学してもらったり、受刑者が食べる「監獄飯」を販売したり…。ユニークな試みを続ける背景には、出所した人が再び犯罪に手を染めないよう、雇用や住居の確保に向け、地域の理解を深めたいという事情がある。

 ずらりと並べられた将棋盤や積み木のおもちゃ。20万円を超える精巧な木製食器棚もある。10月下旬、矯正展を開催中の京都刑務所(京都市山科区)を訪ねた。地域住民を招く恒例行事で、今年で40回を数える。刑務官が受刑者の手作り品を来場者にアピールし、地元の更生保護女性会のメンバーがコーヒーを振る舞う。

 特に盛況だったのが所内の見学だ。記者も列に加わり、炊事場へ向かった。案内役の刑務官によると、受刑者が毎食調理し、カロリーも調整する。ホワイトシチューやサラダなど、この日の昼食メニュー4品が展示されていた。刑務所につきまとう「臭い飯」のイメージとはほど遠く、健康管理の行き届いた食事環境に驚いた。

 京都刑務所の敷地は広大で、甲子園球場約3個分に相当する。他に見学できたのは作業場や風呂などごく一部だったが、一緒に見学した刑務所近くに住む京都橘大2年平見真悟さん(20)は「塀の中から響く受刑者の掛け声にも、更生という目的があると分かった。施設は清潔で、人としての尊厳が保障されていると思った」と感想を話した。

 滋賀刑務所(大津市)でこの秋にあった矯正展では、受刑者向けレシピを基にした「監獄カレー」を販売した。「麦飯のにおいが独特」と好評で、200食(1食400円)を完売した。

 矯正展は全国の刑務所で行われているが、刑務所が地域との交流に力を入れるようになったのは、ここ10年余りのことだ。きっかけは、名古屋刑務所で2001年、男性受刑者が刑務官から虐待され死亡した事件。刑務所の閉鎖性、密室性が問題となり、06年に施設運営の透明性確保などを盛り込んだ刑事施設収用法が施行。施設開放などが進む中、昨年度の全国の矯正展来場者は約38万人で、統計を取り始めた08年度の約1・5倍に増えた。

<以下省略>

※引用元:

変わる刑務所「臭い飯」販売も 再犯防止へ市民に塀低く

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20171119000064


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 網走マラソンの完走メダルは「網走刑務所」の特製木製メダルでした。 マラソンのコースが、意外とハードで完走メダルをゲットするのに3年かかりました… (今年から制限時間が30延長された❤️)
  • 麦入りご飯を炊くのではなく蒸してたから「くさい」ことはありました。なお、前にも書きましたが、麦入りの方が高いのですが、白いご飯提供すると苦情がくるとのことも。
  • タニタみたいに食堂事業でも参入すればいいのに。ヘルシーな上に味も悪くないから、かなりいい線いくと思うんだけど。
  • やっぱし娑婆に戻った時に居場所があるかどうかだろうなぁ。前科者に対する社会の風当りは、結構なタフさを持ってないとしのげないからねぇ。
  • 成人病の人は懲役に一年行くべし。痩せるし体質改善される。が、上記は有名無実の戯言だ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: