ホーム

記事一覧

RSS

副業容認、就業規則例を見直しへ 厚労省


 厚生労働省は、会社員が副業や兼業をしやすくするため、企業が就業規則をつくる際の参考として示している「モデル就業規則」を見直す方針を固めた。副業や兼業を禁止する項目を削除し、原則として容認する内容に変更する方針だが、労使の代表から長時間労働の是正の動きに逆行しかねないとの懸念も出ている。

 厚労省は20日に開いた有識者検討会で、モデル就業規則の改定案を公表。「許可なく他の会社等の業務に従事しない」との項目を削り、「勤務時間外に他の会社等の業務に従事できる」「事前に所定の届け出をする」といった内容に差し替える案を示した。モデル就業規則に法的拘束力はないが、これを参考に就業規則を作成する企業は多く、厚労省幹部は「モデルの改定で副業や兼業を認める企業が増えるだろう」と話す。

<以下省略>

※引用元:

副業容認、就業規則例を見直しへ 厚労省:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCN5GC4KCNULFA01N.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 大手銀行さえ大量リストラされる時代。 給料上がらず生活必需品は上がる一方。 一つの収入に頼る時代は終わり。
  • 一般の感覚からすれば、長時間労働より少しでも収入を増やさないと生活費を賄えないということなのではないでしょうか。 それだけ本業の賃金レベルが低すぎるということ。
  • この記事見て速攻でサイレントメビウスの彩狐由貴の「この時代は副業が許されてるんだよ」を思い出したんだけど、あれ漫画では何年になってたっけ?
  • 「多様な働き方を認める」というのが建前で、「社員を満足に食わすことが出来ない企業が増えているから」ってのが本音だろうなぁ。前者なら、就業規則くらい自前で勝手に作るもん。
  • ワタシは副業に賛成なのだけど、今の低賃金社会だと生活苦のために仕事かけもちみたいなかんじになるだろうなぁと思う。
  • 労使双方から… 〈労使の代表から長時間労働の是正の動きに逆行しかねないとの懸念も出ている…経団連の輪島忍・労働法制本部長は「長時間労働の是正が最重点課題。副業や兼業を推奨するのは抵抗感がある」〉


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: