ホーム

記事一覧

RSS

東京ディズニーランドで労災認定 着ぐるみで腕に激痛


 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)でキャラクターの着ぐるみを着てショーやパレードに出演していた契約社員の女性(28)が、腕に激痛が走るなどの疾患を発症したのは過重労働が原因だったとして、船橋労働基準監督署(同船橋市)が労災を認定していたことが分かった。

 認定は8月10日付。遊園地のショーなどの出演者が出演中の転倒などによる負傷で労災認定されるケースは少なくないが、事故によるけがでない疾患は過重業務との医学的な因果関係の判断が難しく、労災が認められる例は珍しいという。

 女性は2015年2月から、様々なディズニーキャラクターに扮してショーやパレードに出演していた。

 女性によると、16年11月ごろから左腕が重く感じ、手の震えが止まらなくなったが、休みを取りにくく出演を続けたという。17年1月に入って症状は悪化。左腕をあげると激痛が走り、左手を握っても感覚がなくなったという。病院で診察を受け、神経や血流の障害で痛みが出る「胸郭出口症候群」と診断された。治療のため休職し、しばらくは自由に腕を動かせなかったという。

<以下省略>

※引用元:

東京ディズニーランドで労災認定 着ぐるみで腕に激痛:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCP5DLDKCPULFA01W.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • これが『カネと利権にまみれた奴隷労働が横行する偽りの夢の国』の実態ってやつだよ。
  • 誰かが見る夢は、誰かの犠牲の上に成り立っている。そして夢を見たい奴はそれ相応の課金をしなければならない。
  • ディズニーを労働の観点から追求すると、日本を代表する黒い労働の実態が見えそう。 ちなみにディズニーは人生で1回しかいったことない(20年前)。
  • バイト仲間の子がダンサーとして契約していたけど、「熱が出ても休めない。休んだら次はない」と言ってたなぁ。その頃よりは改善されたんだろうか。。。
  • 夢を見てる人は見ないほうがいい記事だけど、夢の裏側って過酷なんだね。 若い方だから後遺症とかならないといいけど、、
  • 子供のためにミニストップの本棚からエロ本無くすなら、この記事の着ぐるみって表現もなくしたほうがいいと思う。
  • OLCってほんと働く人を大切にしないよね。だから人員不足に陥るんだよ。 そして“着ぐるみを着て”←これ禁句ワードじゃ…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: