ホーム

記事一覧

RSS

地中のごみ量、最大7割減 森友問題、値引き根拠揺らぐ


 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地の売却経緯を調べた会計検査院は22日、調査内容を国会に報告した。地中のごみの量について、国が売却契約時に推計の理由としたデータは根拠が不十分としたうえで、独自に試算した結果、最大で約7割減ることなどを指摘した。ごみの量は8億2千万円の値引きの根拠となっており、売却価格の妥当性があらためて揺らぐことになった。

 検査院は、契約に至るまでの資料の一部が廃棄されるなどで、価格決定の詳しい経緯が確認できなかったとも指摘した。国の財産処分が適切に行われたかどうかが検証できない状態で、「適正」と繰り返してきた政府の姿勢が厳しく問われることになる。

 問題の国有地は、2016年6月に学園側に売却された。鑑定価格は9億5600万円だったが、学園側が地中深くにごみがあると申告したことから、売却価格はごみの撤去費用として8億2千万円などを差し引き、1億3400万円とされた。

<以下省略>

※引用元:

地中のごみ量、最大7割減 森友問題、値引き根拠揺らぐ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCQ4JX6KCQUTIL02N.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 安倍昭恵や財務省は国会に出てきて説明しろ。記録や文章がないなら、処分した責任が問われる。とくに取得要望書を黒く塗るように命じたヤツの責任は大きい。
  • 11/23(木)今朝注目のニュースは兵士脱北時の映像を公開 追跡兵が軍事境界線越える、北朝鮮のテロ支援国家指定続報、天皇陛下の退位4月末改元5月1日が有力に、日馬富士年内にも書類送検 八角理事長がスポーツ庁長官に手紙、地中のごみ量…
  • 会計検査院は行政部局の一つだが内閣から独立、つまり三権から干渉を受けない、忖度せずに済む機関。これを明治13年に作った日本は偉かった。/
  • 「何も問題ない」の連呼は通用しない。全ての情報を出すこと、そしてどうして今までそれを必死で避けて来たのかはっきりさせること。それが不可欠。
  • 証拠隠滅。普通なら犯罪もの。政府だから、国の機関だから許されていいのか。それで通用するなら一般企業も見習うべきでは? 行政文書は永久保存すべきでしょ→地中のごみ量、最大7割減
  • 会計検査院の結論はどうなっているのですか。部分を切り取り、煽るが、肝心の結論が報道されていない。朝日の報道姿勢に、ここでも、大きな疑問符が付く。
  • 安倍総理とどのような関係があるの? 監督官庁の責任でしょ! 朝日フェイク紙の必死さがよく分かる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: