ホーム

記事一覧

RSS

日馬富士暴行問題で考える ── 相撲界にみえる日本文化の「排除」の力学

 大相撲の横綱日馬富士による同じモンゴル出身の力士・貴ノ岩に対する暴行問題が、注目を集めています。

 建築家で文化論に関する多数の著書で知られる名古屋工業大学名誉教授・若山滋さんは、今回の問題からは現代日本文化の“排除の力学”がみえると指摘します。不祥事のたびに厳しい目が向けられ、そのたび自助努力を強調してきた相撲界でどんな排除の論理が働いているのか、若山さんが執筆します。

※引用元:

日馬富士暴行問題で考える ── 相撲界にみえる日本文化の「排除」の力学 | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20171121-00000004-wordleaf


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 相撲と柔道だが… 柔「道」はその成立の時点から国際化を目指していた。それは柔道創立者嘉納治五郎が日本の五輪参加運動推進者であり、柔道を五輪種目に入れる功績者だったから。昔からあったの…
  • ── PAGE) 大学に短期間勤めた。とかく学者は物事を複雑にするし、実験結果を自分の結論に収束する癖がある。日馬富士問題は、相手が抵抗しないことを承…
  • ── PAGE) 日本社会の閉鎖性云々という典型的なパヨク系大学教授のテンプレ文章。
  • 違和感たっぷりの記事。一見的を射ている様だが論理のすり替えだな。暴力を排除するというのならそうだが、他国人を排除するのとは少し違うと思う→日馬富士暴行問題で考える ──
  • ── PAGE) 弟子は息子同然と考えるのが普通だと思うから、貴乃花の反応は当然だと思う。 暴力沙汰を内々…

























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: