ホーム

記事一覧

RSS

なぜ私たちは校則を守らないといけないの? 「黒染め強要問題」から考える不合理さ


そもそも校則とは何なのか。憲法上の権利を侵すものって、何なのか。

November 25, 2017, 02:01 GMT

※引用元:

なぜ私たちは校則を守らないといけないの? 「黒染め強要問題」から考える不合理さ

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/why-black-kousoku


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 集団性至上主義の特殊な世界であり子どもの権利尊重という基本的人間観を機能させると教師として適応できないから。保護者も錯覚。一部に疑問を抱く教師もいるが。→
  • このザマじゃ現状の学校教育制度はあと数年もつかどうかだろうな。 規則ありきな国民性の日本ならなおのこと現在の悪しき学校教育制度を廃止した方が明るい未来を得られるのではないか。
  • 靴下の色は白!って頑なに紺ソを否定していた我が母校が自分が卒業した次の年から紺ソになったよ。 紺ソを否定してた理由は何?
  • なんか中途半端に終わってる記事。そこから進まないのが現状なのに。この人も他の先生達と一緒なんだが。 規則を変える作業をした事ないんだろな。特権階級がやる事と言う意識があるのかな。
  • それは校則ではなく、単なる日本人の悪い所。 日本は多数派=必ず正しい風習がついている。少数派は排除か多数派に無理やりさせるのどちらかをさせるからな。
  • Japan) ある程度、選択肢がある高校ならまだ分かるけど、住んでる地域で決まる中学校の過剰な校則はホントいらない。
  • 中学校の丸刈り(短髪)強制、女子にも規制が。小学校の時、野球をしていたので抵抗はありませんでしたが...卒業時に校則変更で廃止。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: