ホーム

記事一覧

RSS

神戸のパンダにもパートナーを 王子動物園、中国からの貸与 外交からみ難航


 東京・上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの公開を来月に控えて盛り上がりを見せる中、雌パンダ1頭を飼育する神戸市立王子動物園(同市灘区)は雄の貸与を求め中国側への働きかけを強めている。同園は7年前に雄を失って以降、繁殖が実現していない。園長自ら訪中するなど交渉を続けているが、日中間の外交カードにもなるパンダの貸与は一筋縄ではいかないようだ。

 現在、同園で飼育中の雌のタンタンは平成12年に雄のコウコウと一緒に来園。この貸与は阪神大震災の被災地を励ます意味もあり実現した。繁殖にも取り組んだが相性が合わず失敗。14年に来園した2代目コウコウとの間には赤ちゃんが生まれたが、直後に死んだ。子宝に恵まれない中、コウコウが22年に麻酔中の事故で急死。翌23年に中国と新たに雄の貸与について文書を交わしたが、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる問題などで日中関係が悪化し、交渉が難航していた。

<以下省略>

※引用元:

神戸のパンダにもパートナーを 王子動物園、中国からの貸与 外交からみ難航

http://www.sankei.com/west/news/171125/wst1711250055-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • そんなもの要らないよ!レンタル料がかかる。飼育量は増える。子供が生まれれば さらにレンタル料は発生する。話題は呼んでも二番煎じ。経済効果も薄いと思う。逆に返却しようよ。
  • 日本を貶めることに勤しむ支那に最早縋る事無く、タンタンとお返しすりゃいい話。その方がタンタンも仲間に会えて幸せじゃろと思うがの・・・日本を敵視する支那に余計な銭を出すこた無いじゃろ。
  • 頼みの綱が中国だけであるのなら、計画断念も視野に入れるべき。 そもそも中国のパンダは、実質チベットから奪い取ったもの。それを貸してもらうというのは、チベットに対する後ろめたさもある。
  • >タンタンは現在22歳で、人間の年齢に直すと60代後半と高齢なため繁殖を急ぐ必要がある。 急ぐというか無理な年齢では?人間で40代の自分…
  • 余談ですがタンタンは子供向け写真集でモデルになったことがありますが、その際の一人称がなぜか「ぼく」でした…。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: