ホーム

記事一覧

RSS

「夢のリニア」建設に不安と不信 ── 残土、水流出、自然への影響は?

 世界初の超電導リニア高速鉄道となるリニア中央新幹線。南アルプス山岳地帯をトンネルで貫通し、東京―名古屋間を約40分、東京―大阪間を約70分で結ぶ壮大な「国家プロジェクト」だ。事業主体のJR東海は、2027年に品川―名古屋間の開業を目指し工事を進めている。しかし、今、その工事をめぐり沿線住民や自治体などから不安や不信の声が上がっている。

※引用元:

「夢のリニア」建設に不安と不信 ── 残土、水流出、自然への影響は? | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20171126-00000002-wordleaf


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 沿線住民約730人が国を相手取り16年5月に提訴。これまで神奈川、山梨、岐阜、長野、静岡、愛知の各県代表者らが意見陳述。「今後は専門家を証人申請し科学的な見地からリニ…
  • JR東海は、環境アセスの情報を公開し、環境問題の専門家を交え、議論すべき。東海道新幹線は老朽化しており、東南海沖地震が心配され、バイパスルートは必要。
  • ◎リニアに猛反対されるとは予想もしなかったが、反対意見は理屈が通ってるんで、無視できないだろう。水資源や土壌劣化を犠牲にしてもやる必要が有る?
  • 諫早湾のギロチン、八ッ場ダムを上回る壮大な失敗が目に見えている。そもそも乗客一人あたり新幹線の4倍の電気を食うリニア、チケットいくらになるんだ→「夢のリニア」建設に不安と不信 ──
  • 「リニアの一番の問題点は1閉塞に1変電所が必要だという点。」というパワーワードが躍るヤフコメ。
  • 大量の残土をどうするか。新幹線とは別の問題を抱えている。また、工事も順調に進むとは思えず、2027年の開業は非常に厳しいだろう。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: