ホーム

記事一覧

RSS

年収800~900万円超で増税に…控除見直し


来年度の税制改正の焦点になっている所得税の負担を減らす「控除」の見直しで、政府は会社員などを対象にした「給与所得控除」について、控除の上限額を縮小して年収800万円から900万円を超える人が、今より増税になる方向で与党との調整に入りました。

来年度の税制改正で、政府・与党は、自営業のフリーランスが増えるなど働き方の多様化にあわせ所得税の仕組みを変えていく必要があるとして、「控除」の見直しを議論しています。

このうち会社員も自営業も適用になる「基礎控除」は増やして、自営業を減税し、会社員などの収入から一定額を差し引いて税の負担を減らす「給与所得控除」は縮小する方針です。

「給与所得控除」で差し引かれる額は、収入に応じて増え、いまは年収が1000万円以上になると上限額の220万円で頭打ちになります。政府は、この上限額を引き下げて年収800万円から900万円を超えると増税になる方向で与党との調整に入りました。

<以下省略>

※引用元:

年収800万円~900万円超の会社員は増税へ 控除見直しで調整 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171127/k10011236491000.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • これも景気回復期に女性の労働参加を訴えて実現させた安倍政権の成果ですね(皮肉)>「国税庁によりますと、民間企業に勤める人で年収が800万円以上になるのは全体の9%程度になります。」
  • 妻子を養い自宅を所有すればそれくらいの年収は吹き飛んで行く。税負担を課すべきは内部保留を溜め込む大企業と富裕層だろうが。中間層の崩壊がより進む愚策。
  • 毎回これで思うのは、政治家が使うお金を減らしたら良いのでは? 後、韓国や中国のほぼ敵対してるところの補助金止めりゃ済む話じゃね?
  • 高所得者に頼る形になるのが申し訳ないなと思う。 自営業、納税でヒーヒー言ってるので基礎控除増は、すごく助かる。 健康保険料金も見直してほしいかも。←自営業はここが高い。
  • 高所得者への増税が行き過ぎると、金回りが悪くなる。結果、全世代での消費が悪くなる。 それを政治家のせいにし始める。バカか。
  • 所得捕捉率は給与所得者>事業所得者なのだから、給与所得控除減らすのは(少なくとも心情的に)不公平感増す予感。
  • 狙い撃ち感あるのでガス抜きなんだろうけど、この層に同情してくれる人がいなそうだからあまり変化なく直撃するんじゃないかな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: