ホーム

記事一覧

RSS

息子の死、何だったのか…暴行死事件遺族、角界を批判


 時津風部屋の力士暴行事件で序ノ口力士だった長男を亡くした新潟市の斉藤正人さん(61)は、会見の様子を直視できなかった。「身内の論理が優先される相撲界の体質は何も変わっていないと思った。息子の死は何だったのかと思うと、とても見られなかった」

 入門間もなかった俊(たかし)さん=しこ名・時太山(ときたいざん)=(当時17)は2007年6月、愛知県犬山市の宿舎でのけいこ後に急死した。当時の時津風親方や兄弟子がぶつかりげいこ名目で金属バットで殴るなどしたのが原因だった。

 当初は病死として扱われていたが、傷だらけの遺体を目の当たりにした遺族が新潟大に解剖を依頼して暴行が明るみに出た。斉藤さんは「今回も表に出るまで時間がかかった。日馬富士の引退も、相撲協会が何かを決断したわけじゃない。10年経って改善するどころか、身内に甘い体質はそのままだ」と話す。

<以下省略>

※引用元:

息子の死、何だったのか…暴行死事件遺族、角界を批判:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCK6TKZKCKUOHB01D.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 各界だけじゃない! 暴力力士を擁護しようとしている一部のマスコミと各界にぶら下がっている利権偽善者ども! お前らこそ関節殺人者そのものだ!
  • 暴力を正当化したあげく、今や貴乃花が悪いという論理。 相撲部屋制度自体を廃止して、スポーツマネージメント会社を設立して、それに出資して管理させればいい。
  • 角界の常識は世間の非常識。角界では傷害罪が適用されないのか?じゃあ、殴りたい奴がいっぱいいるのだが、ワシも適用除外してくれや。半殺しにしてやるから。
  • 結局、再発防止策なんて無かったって事でしょ。協会役員や親方衆の意識を改革しなければ暴力根絶は不可能。貴乃花の危惧している通りになっている→息子の死、何だったのか…暴行死事件遺族、角界を批判(朝日新聞デジタル)
  • 暴力団とずぶずぶだった相撲業界の反社会的馴れ合い。日本の捜査機関も政治家も放置。
  • 当然ですよ❗八百長告発した元大鳴戸親方も泣いているぞ。ここまで腐りきった業界も無い。角界は本当に解体して出直した方が良いぞ。…
  • 「今回も表に出るまで時間がかかった」「身内に甘い体質はそのまま」ほんこれ。横綱の不祥事なのに横審は無責任どころか妙な批判を展開してるし横審いる?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: