ホーム

記事一覧

RSS

小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報届けず


 大分県北部の小さな集落が「村八分」騒動に揺れている。自治会がUターンした移住者の加入を拒んでいるなどとして、県弁護士会が「人権侵害」と勧告。これに住民が反発している。地方への移住が盛んになる中、双方に歩み寄る姿勢が必要とUターン経験者は指摘する。

 県弁護士会の勧告などによると、兵庫県に住んでいた元公務員の男性(68)は2009年、母親の世話などのため、家族を残して計14戸が暮らす大分県北部の集落にUターン就農した。自治会には母親が入っていたが、11年に他界した。

 男性は13年3月、国から農家に出る補助金の配布方法などを巡り、自治会の役員らと対立。自治会は翌4月、「男性は集落に住民票がない」として自治会から外すことを決め、市報の配布と行事の連絡をやめた。男性は14年に住民票を移し、加入を申請したが、自治会は「必要な集落全員の賛同が得られなかった」として拒否した。

<以下省略>

※引用元:

小さな集落で「村八分」騒動 行事連絡せず、市報届けず:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCT4F5SKCTTPJB00B.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 結局は金とボス政治。慣習だけに生きる同調圧力の闇。『「そもそも『感情の問題』なのに」と話し、法律論を持ち出す県弁護士会にも不満を示す』と、自分が何を言っているかまるで理解していない。
  • 法律より自分の感情を優先して集団で個人をイジメるってどれだけ病んでるんだ。集団に属する人を存在しないかのように扱うのは何もしてないようで罪悪感薄いんだろうが、与えるダメージは想像以上。
  • 結局のところ「限界集落」は消えるに任せるのが一番合理的だ、or 一部例外的に巨大資本に丸ごと買ってもらって村人そのケツを舐めて過ごしてもらう。普通に「対等の関係」ってのが無理なのよ。
  • >“そもそも『感情の問題』なのに」と話し、法律論を持ち出す県弁護士会にも不満”/逆(法的な問題なのに感情論)ならともかくこれはダメでは?
  • 自治会「そもそも『感情の問題』なのに」と話し、法律論を持ち出す県弁護士会にも不満を示す。」 自治会運営は感情でやるんですね。地獄ですね
  • ニコニコ顔で田舎暮らしをアピールしてる自治体ばかり。こんなの田舎じゃ当たり前。遊びに行くなら良いけど、暮らすとなると、話は別だからね。
  • そんな集落はつぶれてしまえ。誰も助けてやらん。部外者を拒むのなら何があっても自力でどうぞ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: