ホーム

記事一覧

RSS

15歳で知的障害理由に不妊手術強制 「違憲」と提訴へ

 旧優生保護法のもと、知的障害を理由に同意なく不妊手術を強制され、憲法の保障する幸福追求権を侵害されたとして、宮城県の60代女性が来年1月にも、国に謝罪と賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こす。原告側によると、同法による不妊手術の違憲性を問う訴訟は全国で初めて。

 原告側によると、女性は幼い頃の麻酔治療の後遺症で重い知的障害が残り、不妊手術を受けさせられた。情報公開請求で7月に宮城県が開示した手術台帳には、「遺伝性精神薄弱」を理由に、15歳で県内の病院で卵管を縛る処置を施された記録があった。女性が事前に国や県から説明を受けた記録はないという。

 3日、東京都内であった障害者のシンポジウムで女性の60代の義姉が経緯を説明した。親族に障害のある人はおらず、「手術するために『遺伝性』という病名をつけたのではないか。納得できない」と訴えた。

<以下省略>

※引用元:

15歳で知的障害理由に不妊手術強制 「違憲」と提訴へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKD35F8TKD3UNHB006.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • うーん、これはそんな単純な事では済まない気がするね。一般的に親は子よりも先に居なくなるし、生まれた子供に対する責任みたいなものをどう考えるかもあるし。支えるのは社会とか言ってられないし。
  • 被害者女性は本当に気の毒だと思うけど、過去の法律で決められていたものを、現代の法律・倫理感に当て嵌めて賠償を請求するなんて、韓国みたいなことしないで欲しい。
  • 障碍者が出産の時、帝王切開時に次の子が生まれないように不妊手術を勧めるところはまだある。この時は断固拒否したけど、知らずにやるところもある。
  • 全く日本は亡国の国と言わざれ終えない。国は何時まで弱者の生命・魂を殺す気なんだろう。生活保護者、原爆症の人達な…
  • 池沼だからといってガキも池沼になるとは限らんしな 軽度池沼の女性は、生涯幼女の良さを保つヒトがいるから、あれは悪いモノではない。
  • 昔は世界中の国が同じ事をしていたからね。謝罪・補償もさることながら、医学的・社会的背景を省みる事の方が大事。そのきっかけになるなら良し。
  • 当時の親は、もし子供が妊娠しても育てる能力が無いと判断したのではないの? 何でもかんでも国のせいにするビジネスはあさましい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: