ホーム

記事一覧

RSS

EV普及で“走行税”浮上も ガソリン税収大幅減、財政再建に影


 世界で加速する電気自動車(EV)の普及が、各国政府の財政問題に発展する可能性が出てきた。ガソリンの代わりに電気で走るEVが普及すれば、揮発油税などの税収減が不可避になるためだ。2050年には先進国の関連税収が8割落ち込むとの試算もあり、財政赤字の膨らむ日本にとって課題になりそうだ。

 受益者負担の原則

 「EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担をしてもらう必要がある。ガソリン税がなくなったらどうするのか」

 石油連盟の木村康会長(JXTGホールディングス会長)は9月の記者会見でこう述べ、税負担の「公平性」を訴えた。

 ガソリンにかかる揮発油税は元来、1リットル=24.3円だが、政府は「暫定税率」として2倍の48.6円を徴収している。地方自治体に配分する地方揮発油税の5.2円を含めると、計53.8円とドライバーに重い負担となっている。

<以下省略>

※引用元:

EV普及で“走行税”浮上も ガソリン税収大幅減、財政再建に影

http://www.sankeibiz.jp/business/news/171207/bsa1712070615006-n1.htm


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • これさぁ、道路特定財源は必要性の乏しい道路も「財源ありき」で整備する事態に繋がると一般財源化した時点で、「暫定税率」廃止すべきだったんじゃないのか?
  • 走行税って、移動に税金ってことじゃないか。。もういいかげん自動車から税金とるのやめようよ。自動車業界に圧力かけて組織票をキープするのやめようよ。
  • そろそろ富裕層の税的な逃げ場を地球上から本気で無くさなきゃいけないね。じゃなきゃそのうちアーマードコアみたいな世界になっちゃう罠。 dメニューニュース:EV普及で“走行税”浮上も ガソリン税収大幅減、財政再建に影(フジサンケイビ…
  • そもそもガソリン関係税はガッツリ減らして、企業儲けさせて法人税を取った方が皆納得しやすいんだよ。それをぬるま湯さんたちは気付かない。
  • SankeiBiz 環境に優しいわけでもないのに、無料充電スポットや揮発油税未納といったインフラただ乗り行為は、全く以て許せない。
  • 税金を新たに徴収する議論の前に政府も官僚も身を切る改革してくれい! 先ずは税の使い道、無駄をなくせ!!!!!!!
  • 助成金や補助金を出していたEV車なんだけど。 将来的に人口が減るからいずれにしても税収減は避けられませんよね?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: