ホーム

記事一覧

RSS

スキーやスノボにヘルメットを 日本「ださい」、欧米は


 もうすぐ本格的なウィンタースポーツシーズン。全国スキー安全対策協議会によると、スキーやスノーボード(スノボ)の事故による死者・行方不明者は今年2月だけで全国47のスキー場(管理区域外含む)で15人を数えた。関係者は転倒や障害物にぶつかった時の衝撃を和らげるため、ヘルメット着用を訴えている。

 野外活動の安全対策に詳しい中央大の布目靖則教授が全国のスキー場(原則、管理区域のみ)におけるスキー・スノボの事故死者を2015~16年までの11シーズンでまとめたところ、少なくとも計99人(スキー51人、スノボ48人)に上った。死亡時の状況は立ち木や岩などへの衝突のほか、人間同士の衝突や転倒が多かったという。

 斎藤記念病院(新潟県南魚沼市)の脳神経外科医の福田修院長は、中越地方のスキーとスノボの頭部外傷者の事故例を集めてきた。スキーより自己転倒の多いスノボの方が頭部をけがする頻度が高く、スノボの初級者は谷側の板が雪面に引っかかる「逆エッジ」で転び、上中級者はジャンプ時に転倒して負傷する例が多いという。06~07年からの10シーズンで、スノボで頭部をけがした1086例のうち、脳振盪(しんとう)の可能性のある外傷性健忘が508例あった。

<以下省略>

※引用元:

スキーやスノボにヘルメットを 日本「ださい」、欧米は:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKCS7WK1KCSUTQP02P.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 波乗りではマナーを知らない守らない奴を数々と注意(鉄拳もあり)してきたが根本的にゲレンデは女子が多いから調子乗りが事故、人巻き込むパターン多い。
  • 自転車も同じ事が言えるね。 昔はダサい、プロがつけてないからと言ってつける人は少なかった。 けど一部を除いてちゃんとつける人が多くなった。 大けが、死んでからは遅い。
  • ハーフパイプやってたからかなり早くからメット被ってたけど、まわりは「え、そこまでガチじゃないし」って人が多かったなぁ。 そうじゃなくて自衛!マジで危険なんだよぉぉぉぉぉぉぉ。
  • 風を感じるのが好きだから被らないけど、スピード出すから尚更被った方が良いよと、カナダに居た時に言われたなぁ。
  • 日本ではヘルメットは子供や上級者が被る物との認識があるのでは?あの人、かぶってるのに下手やなぁとか。 自分はスキー2級まだまだレベルですが、今季からヘルメット被ります。
  • バイクもそうだが、ヘルメットって慣れれば何も不自由に感じないけど、最初の感覚だけで判断して安いものを使う人が多い。
  • それでも最近はやっとこ着用率上がってきた感はある。自分は着けます。帽子より暖かいしw


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: