ホーム

記事一覧

RSS

藤井四段、A級棋士の壁破れず NHK杯8強逃す

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が、10日放送の第67回NHK杯テレビ将棋トーナメントの3回戦で稲葉陽(あきら)八段(29)に敗れ、8強入りを逃した。名人挑戦権を争う「A級順位戦」に所属する一流棋士の壁は破れなかった。

 藤井四段は、タイトル戦の挑戦経験がある千田翔太六段(23)を1回戦で、「永世名人」の資格を持つ森内俊之九段(47)を2回戦で破った。事前に収録された今回の対局では、稲葉八段の巧みな攻めで守勢に立たされ、土俵を割った。通算成績は52勝9敗になった。

 藤井四段がA級の棋士と対戦するのは2回目だが、まだ白星をあげていない。15日には、朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の2次予選で、A級の屋敷伸之九段(45)と対戦する。今年度中に優勝者が決まるトーナメントで勝ち残っているのは、朝日杯だけとなった。(村瀬信也)

※引用元:

藤井四段、A級棋士の壁破れず NHK杯8強逃す:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKDB3WLTKDBUCVL002.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 申し訳ないけれどこういう記事の書き方は残念だな、とも思う。 B級1組は別名「鬼の棲家」とも言われていて、ここの上位クラスがA級。 個人的にはキワモノ揃いのB1を抜けたA級棋士はある意味みんなバケモノ。
  • 藤井四段最近は苦戦をしておりますが、よくよく考えれば彼はまだ15才。 自分の15才の頃と比べれば、これだけ注目をされている中でやるべき事をやってる。尊敬出来ます!
  • 見ました。今日は稲葉さんの巧みな序中盤でリードを許し終盤で綾を作ったけど押し切られ完敗だったね。また頑張ってくださいね。
  • この年齢でこれだけやれるだけでも奇跡のような成績だからこそ、報道してる事を忘れてる記者がいて困る。このNHK杯のタイトルだけで考えても負けた人の方が多い事も忘れがち
  • TVで見ていたが、善戦していた。ずっとやや不利だったが、終盤で差を縮め、あわやという所まで追い詰めた。
  • 羽生さんにも最初、谷川永世名人が高い壁となった。その後、羽生永世7冠になっていった。藤井4段の壁は更に高い!焦る事はない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: