ホーム

記事一覧

RSS

「猫虐待」元税理士に懲役1年10月 、執行猶予4年…東京地裁判決

野良猫13匹を虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士、大矢誠被告人に対して、東京地裁(細谷泰暢裁判官)は12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年(求刑:懲役1年10か月)の有罪判決を言い渡した。

判決では、「犯行は誠に残虐で社会に与えた影響は大きい」としながらも、税理士廃業や、家族への嫌がらせなど、社会的制裁を受けていること、同じような事件の判決との兼ね合いから、執行猶予付きの有罪判決とした。

大矢被告人は2016年3月から2017年4月にかけて、野良猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりするなど虐待を加えて、9匹を死なせて、4匹にケガをさせた疑いが持たれている。さらに、その様子を撮影した動画をインターネットに投稿するなどしていたとされる。

(弁護士ドットコムニュース)

※引用元:

「猫虐待」元税理士に懲役1年10月 、執行猶予4年…東京地裁判決

https://www.bengo4.com/c_1009/n_7095/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 何故に執行猶予なん!?全く理解し難いし、大矢が受けた社会的制裁なんぞ、虐待死した猫たちに比べたら鼻くそ以下だ。ほんと日本て動物愛護後進国だよ。恥を知れ!脳なし政治屋ども!
  • なぜ執行猶予?たとえ服役したところで殺させる訳ではなくその後ものうのうと行き続ける。犠牲になったねこちゃんたちはもう戻らないのに…一刻も早く法改正が必要!
  • 性癖は治らないから絶対またやらかすはず。家族への嫌がらせが減刑の理由の一つというのもあきれる。それだけのことをしたので自業自得と判断できないのかな。本当にこの国って犯罪者に甘い→「猫虐待」元税理士に懲役1年10月
  • 執行猶予4年…ほんと日本終わりだね。虐待天国?世界の恥だね…。 仕事しながら涙止まらん。21万人の署名を…あの子達の命!痛み!苦しみをなんだと思ってんだ💢
  • この判決を傍聴した「唯一の立法機関」の国会議員はいたんだろうか?今の法律ではこれが限界なのかもしれないが。法改正しかないか。
  • これさぁ、被告の家族に嫌がらせした人のことはとっ捕まえて罰を受けさせればいいし、そういう違法行為をした奴がいたから減刑しますよって、法律の考え方としておかしくない?
  • こんな救いようのないバカは実刑にするべきでしょ。いまだに動物を「器物」扱いにしている社会にも大いに問題がある。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: