ホーム

記事一覧

RSS

スープラ新型の名称は「2000GT」に!? 2017年内に登場の可能性も


世界が注目するトヨタの新型クーペ『スープラ』が、2017年内にも初公開される可能性があることが新たに分かった。さらに、車名も別のものが与えられる可能性が浮上した。

とはいえ、「スープラ」の車名が完全に消滅したわけではなく、復数の選択肢がありえるという。そしてその候補として、トヨタ史上に残る名車『2000GT』や『スープラ3000』などが予想されている。10月には、Spyder7が2000GT復活の噂を伝えたが、その噂とリンクしているのも気になる所だ。

新型「スープラ」(仮称)はBMWとの共同開発で、新型『Z4』の兄弟車となる。モータースポーツ直系ブランド「GR」から販売される可能性が高く、「FT-1コンセプト」から継承されるグラマラスなエクステリア、3連LEDヘッドライト、86風テールライトなどが確認されている。

パワートレインは、200ps程度を発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、および340ps程度を発揮する3リットル直列6気筒ターボがラインナップされるはずだ。さらにハイブリッドモデルも1年遅れて登場の可能性が高いだろう。但し、マニュアルミッション設定の有無など不確定情報も多数あり、パワーユニットに関しても断言出来ない所だ。

<以下省略>

※引用元:

スープラ新型の名称は「2000GT」に!? 2017年内に登場の可能性も | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/12/13/303660.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • スープラとZ4が共同開発ってよく見るけど、具体的にどこがBMWメインでどこがトヨタメインなんだろう。買う客層的に、あまりトヨタに寄せるとその人Z4たち買うんだろうかという疑問はある。スープラ側もだけど。|
  • あの美しい車体の面影なし。 おもちゃみたいのばっかり。日本車のデザインでましなのはマツダくらい。
  • S2000ですらNAで250馬力。これ、低速トルクモリモリで回転数上がらないリーンバーンエンジンじゃん。
  • スープラ復活は本当に嬉しい ずっと憧れてたのに当時の彼女にほだされてスカイラインを買ってしまったのは苦い思い出
  • いやーいくらなんでも200psは無いでしょ、ハチロクと何が変わらんのよってなる




















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: