ホーム

記事一覧

RSS

新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正


 2018年度税制改正では、「森林環境税」と「国際観光旅客税」の二つの新税の創設が決まった。全国規模で恒久的に徴収する新税は、1992年に導入された「地価税」以来となる。ただ、いずれの新税についても国民的議論が尽くされたとは言えず、導入目的、使途にあいまいさが残る形となった。

 森林環境税は、地球温暖化対策として市町村が森林を整備・管理する財源に充てるとしている。国民に広く負担を求める観点から、年1000円を個人住民税に上乗せして徴収し、国が自治体に配分する仕組みだ。対象者は約6200万人で、年620億円程度の税収が見込まれる。

 関係者からは、新税の性格を明確にするためにも、山間部の市町村が実施する間伐や植林に使途を限定すべきだといった意見が出ていた。しかし与党内の議論を経て、森林を持たない都市部での環境教育や木材利用の促進などにも税収の一部を充当することが決定。「国民全体で山村の森林整備を支える」という当初目的から逸脱した形での決着となった。

<以下省略>

※引用元:

新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も-18年度改正

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3149249


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正(時事通信) 名目は何であれ、税金が欲しいだけやん?環境税は多分林業の給料増やしてそこから税金取りたいだけだろうし。出国税は海外の観光客から金取りたいんだろ。
  • 森林税は一律徴収で逆進性が高く最低な税制。炭素税として化石燃料の輸入時に課税すべき。 出国税は入出国税とするべき。外国人観光客の免税制度を一回の取引額を500…
  • いっそのこと日本人に私有財産を認めない形にして、税金をたくさん徴収して公のサービスは無料。新作のゲームも無料。モンハンワールドやりたいんだよね 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正(時事通信) -…
  • 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正(時事) 時事通信って税金の話になるとどうしてこんなに「微温的」なの? 日本の主流メディアってみんなそうだよね。「じわり」とか。
  • 増税の口実としか思わない。何に使われるやら、どこに流れていくのやら。それほど信頼できない政権であるということ。 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正(時事通信)
  • 選挙が終われば議論無く使途曖昧な増税をする自民を何故指示するのか?普通の国なら暴動でしょ。600億無駄遣いされるのはほぼ確実。 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正(時事通信)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: