ホーム

記事一覧

RSS

安倍晋三首相、新防衛大綱は「従来の延長上でない」 敵基地攻撃視野に検討 地方大学向けに交付金創設も


 安倍晋三首相は15日、共同通信社で講演し、改定作業を進める防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」について「従来の延長上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力のあるべき姿を見定めていきたい」と述べた。平成25年末の前回改定時に見送った敵基地攻撃能力など新たな装備体系の整備を念頭に抜本的見直しを行う考えを示した。

 首相は「年が明ければ防衛大綱の見直しに向けた議論も本格化する」と説明。新大綱策定に当たり「専守防衛を当然の大前提としながら、北朝鮮の核・ミサイル技術の進展など、わが国を取り巻く厳しい現実に真正面から向き合う」と強調した。

 政府は、30年度予算案に敵基地攻撃能力となり得る戦闘機用の巡航ミサイル導入に向け関連経費を盛り込むが、装備取得の目的を島嶼(とうしょ)防衛としている。首相の発言を受け、新大綱に敵基地攻撃能力の保有を明記するかどうかが焦点となる。

<以下省略>

※引用元:

安倍晋三首相、新防衛大綱は「従来の延長上でない」 敵基地攻撃視野に検討 地方大学向けに交付金創設も

http://www.sankei.com/politics/news/171215/plt1712150026-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 「(防衛)大綱改定は10年ごととされていたが、北朝鮮や中国の脅威増加に伴ない、政府は改定時期を来年に前倒しする。ミサイル防衛強化や無人機技術、人工知能(AI)など最新技術を取り入れた装備開発に重点を置くとみられる。」
  • 大砲鉄砲の時代の戦争であれば、専守防衛は良いかもしれないが、今の世の中ミサイル攻撃では専守防衛なんて時代錯誤もはなはだしい。核弾頭ミサイルが飛んできて、憲法9条でも唱えるのかな?平和な左翼のアホ共。
  • 安倍政権って物凄い改革路線だよね。 もりかけやっても支持率落ちないのに政策流さないから結果安倍政権やりたい放題じゃん(笑) 良いことはコッソリできちゃうからいいんだけど、反対したいこともいつの間にか決まっちゃうよ? (by…
  • こら、お前は誰のために政治しとるんや。支持層の右派勢力のためか?経団連のためか?米軍のためか?戦争したいのならはっきり言え。
  • 国民の生命を他国から守ると真剣に考えれば「敵地攻撃能力は検討せざる得ない」のは当然の事「従来型自民党は野党やマスゴミに押され議論から逃げていた」が安倍総理は逃げずにいる。
  • アホの言うことに耳を貸すな。としか思わないけど、耳を貸す人が一定程度いることが絶望的なこの国の現状。アホらしって思うしかないけどさぁ。
  • 安倍首相、新防衛大綱に「敵基地攻撃能力の保有」明記、意欲満々 国会で改憲発議の前に、専守防衛を打ち捨てる旨を防衛大綱に書き込む行為には、さすがに自民党内から異論が出るだろう。菅の力を…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: