ホーム

記事一覧

RSS

障害者の不妊強制、公文書に偏見 「月経の後始末も…」


 旧優生保護法に基づいて障害者らに行われた強制的な不妊手術に関する、約半世紀前の公文書約80件分が神奈川県立公文書館で見つかった。「育児能力がない」といった偏見や病気を根拠に、手術の適否を審査した状況が具体的に記されている。こうした内容が、実際に用いられた行政資料で公になったのは初めてだ。

 文書は同県優生保護審査会に提出された1962年度38件、70年度10件の手術申請書などと、63年度に実施された34件の手術費明細書など。立命館大生存学研究センターの利光恵子・客員研究員が見つけて分析し、10月に神戸市であった障害学会で発表した。

 「不良な子孫の出生を防止する」ことを目的にした同法は、遺伝性とされた病気、精神障害や知的障害のある人に、本人同意なしの不妊手術を認めていた。「公益上必要」などと医師が判断した場合、都道府県の優生保護審査会に申請した。

<以下省略>

※引用元:

障害者の不妊強制、公文書に偏見 「月経の後始末も…」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKD55RCZKD5PTFC01L.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 朝日は日本人記者? 過去事から詮索し偏見や争いや不幸を洗脳新聞? 第22回衆議院選挙で当選した革新女性議員らは戦後の第1回国会において国民優生法案を提出した。社会党の福田昌子、加藤シヅエ等革新系の政治家は母胎保護の観点から多産によ…
  • また売国紙がほざく。偏見やのうて当たり前。言い方は過激になるけど結局は税金で社会貢献にならない人を養う。強制徴収した税金やから言える綺麗事。他人に面倒お願いします言ったらみんな拒否するやん。
  • 取り付けられる「家族の同意」。 『医師は家族の意見として「両親は病弱であり将来を考え、手術を希望」「育児能力はないと思われる」「一般社会の人にも迷惑がかかることを心配したもの。母親、兄妹全員が手術に賛成」と書き添えていた。』
  • 確かにひどい話だけど、家族が不妊手術をさせてしまったことは理解できるな。 日本は障害者福祉が家庭に押し付けられている中、実際に生活能力の無い娘や息子が子供を作ったら、孫の面倒まで見られないと思うのを責められない。
  • そもそも今はどうなってるんだろう。生んでも誰かに頼らないと育てることも生活のために十分に働くこともできないのは事実だし。、
  • これってナチスの優生思想と同じ。遺伝は不確定要素が大きいから必ずこうなるってものじゃないし。倫理上の問題もある。だけど今の日本は倫理を軽視する傾向が強い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: