ホーム

記事一覧

RSS

「ホームに柵ないと危ない」転落死女性、息子に不安語る


 「母は以前からホームに柵がないと危ないと話していた。視覚障害者が線路に転落する事故はニュースで見てきたが、母がこんな目に遭うとは……」。大阪市東淀川区の阪急京都線上新庄駅で18日午前、上杉輝子さん(89)=大阪府豊中市=がホームから線路に転落、回送電車にはねられ死亡した事故。亡くなった上杉さんの長男(58)は悔しさをにじませた。

 長男によると、薬剤師だった上杉さんは大阪府豊中市内の自宅から月2回、バスや電車を乗り継ぎながら大阪市東淀川区の化学会社に1人で通勤していた。事故のあった上新庄駅は会社の最寄りだった。約3年前にいったん退職したが、その後、請われて再び勤めるようになったという。

 右目は約30年前に緑内障の手術をして以降は見えにくくなり、光が感じられる程度。左目も約3年前に眼底出血で手術したが5メートルより先は見えない状態で、スーパーに買い物に行っても食材の見分けがつかなかったという。歩行の補助のために杖を使っていたが、長男は「太陽の光が目に入ると物が見えなくなるようだった。上新庄駅で柱にぶつかりそうになることもあったようだ」と振り返る。

<以下省略>

※引用元:

「ホームに柵ないと危ない」転落死女性、息子に不安語る:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKDL51TWKDLPTIL016.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 東武宇都宮線沿線もホームに柵がある駅は一つもない。駅横断に地下をくぐるか上る場合が多いがエレベータも大半ない。事故発生時には声を大にしてセキュリティ管理能力とコンプライアンスを問う
  • もう10年以上、鉄道会社を安全配慮義務違反で提訴して会社を動かしたいと言い続けているんだけど、依頼が来ないから動けない。どこに行けば線路転落した人やその遺族に会えるんだろうか・・。
  • 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。 また、遺族心理を利用して鉄道会社を非難するだけの無能朝日には、ホーム柵整備費用を出して頂けたら嬉しいんですけどねえ。
  • 亡くなった方の遺族に亡くなった当日の、まだ通夜も済んでないのにこの突っ込んだ取材は酷い。ホームドアの有無よりも、89歳で重度の視覚障害の方を一人で行かせる方が問題。
  • 意図しないことで不審者だと通報されたりする時代、他者に対しては無関心でなきゃいけない社会になってしまったことが問題。ホームドアなんて二の次の話。あるに越したことはないけどね。 --
  • 目の不自由な人のための柵はいるね、あと点線は壁側の方がいいのでは。頑張らない議員や役人はしぶとく、頑張るこういう人たちには不幸が。
  • 最寄りの駅でようやくホームにシャッターが設けられるようになった。以前にはなかったエレベーターが今は備えられ、高齢者や子ども、妊婦、身体の不自由な人に喜ばれている。 残念、遅かったね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: