ホーム

記事一覧

RSS

市川一家殺害など2人の死刑執行 1人は犯行時に未成年


 法務省は19日、1992年に千葉県市川市で一家4人を殺害した関光彦死刑囚(44)=事件当時19歳=と、94年に群馬県安中市で交際女性とその両親を殺害した松井喜代司死刑囚(69)の死刑を執行した。犯行時に未成年だった死刑囚の執行は、97年8月の永山則夫・元死刑囚以来。関、松井両死刑囚とも再審請求中だった。

 今回の死刑執行は金田勝年前法相時の今年7月以来5カ月ぶりで、上川陽子法相は8月の再任後は初めて。前回法相時の15年6月にも1人を執行した。12年12月の安倍内閣発足後では12度目、計21人となった。法務省が12月15日時点で収容中だった確定死刑囚は124人という。

 関死刑囚の確定判決によると、19歳だった92年3月、市川市の会社役員の男性宅に盗み目的で侵入し、面識のなかった男性とその母、妻、次女の計4人を包丁で刺すなどして殺害、長女にも切りつけてけがさせるなどした。一審・千葉地裁は「罪刑の均衡の見地などから極刑がやむを得ない場合、死刑の選択は許される」として死刑判決を言い渡し、二審の東京高裁、最高裁もこれを支持した。

<以下省略>

※引用元:

市川一家殺害など2人の死刑執行 1人は犯行時に未成年:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKDM3JXQKDMUTIL011.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 上川法相は、偉い。法治國ですもの。今後も、粛々と任務に邁進してください。模倣犯への警告として、死刑制度は、良い制度。一罰百戒。因果応報。被害者の遺恨に配慮すべし。加害者の人権への過度の配慮は不要ですよ。
  • 少年法の趣旨を尊重して蛆虫以下の社会の害虫の名前は出すのを躊躇うのに、座間市の9人殺害事件で、喜々として未成年者の被害者顔写真付きで晒してた新聞社、いっぱいありましたね。
  • この報道や仕業に意味があるなら、これがもう無用な殺人等の強力な抑止力になります様に。戦争だって要は殺人なんだよ。やめなよもう。
  • 国家によって命を奪われるウンヌンなら、何人もの命を奪った刑の対象者はその時点で明らかにされているべき。被害者の人権に配慮なし。要は政府にイヤミを言うのが目的のエセ人権はやめよ◆市川一家殺害など2人の死刑執行
  • 関光彦くんやっと死刑か。この市川一家殺人事件は犯罪史上他に類例の少ない残虐事件だからね。生き残った少女は長い間犯人がまだ生きていて辛かったろう。 ---
  • 国家によって生命を奪われる刑の対象者っていうとが引っかかるなぁ😓。 キチンと通名偽名じゃなく、本名で加害者も報道してね。
  • ≫未成年でも刑が決まった段階で実名報道はアリだと思いますよ。そして通名報道も同様、国籍と実名は必ず!伏せる意味がわかりません


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: