ホーム

記事一覧

RSS

リニア談合、4社受注の全15件で「受注調整」


 リニア中央新幹線の建設工事を巡る不正受注事件で、「大林組」(東京)の担当副社長らが東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、大手ゼネコン4社が受注した計15件の工事すべてについて事前の受注調整を認めていることが関係者の話でわかった。

 特捜部と公正取引委員会は19日午前、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で同社と「大成建設」(東京)の捜索を始めた。

 特捜部などは18日に「鹿島建設」(同)と「清水建設」(同)を捜索しており、これで大手ゼネコン4社がいずれも談合の疑いで強制捜査を受けたことになる。鹿島については、社長室も捜索対象になったという。

 リニア中央新幹線は東京―大阪間(438キロ)を1時間余りで結び、総工費が9兆円に上る巨大プロジェクト。JR東海などは2015年8月以降、ゼネコン各社を代表とする共同企業体(JV)などと計22件の工事契約を締結。このうち4社がそれぞれ代表を務めるJVは約7割にあたる計15件を3~4件ずつほぼ均等に受注している。

<以下省略>

※引用元:

リニア談合、4社受注の全15件で「受注調整」

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171219-OYT1T50047.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • よ~く考えよう。査定理由はっきりせね基準含む経営審査や技術提案の制度でスーパーGCに沢山工事経験与え技術蓄積され他業者と力の差を生み、官庁大型案件で調整談合が必要な構造にした一因は国交省にもある事を。
  • なにが受注調整だ。違法談合って書きやがれ!新幹線があるのに、なんでリニアいる?と思ってたら、ヤッパ建設会社にちゃんと儲けさせる巨大プロジェクトを用意してあげてたんだよ。さすがは土建屋国家。美味しい思いしてる政治家もいんだろうけど。
  • そもそもの話として、リニア建設をしっかり作り上げられるのはここに出てくる大手ゼネコン以外にあるのか?五輪建設もある中で人手不足なのに入札で原価割れる様では建設自体も危ぶまれる。内装リフォームとは訳が違うだろう
  • 東京地検、唯一?久々?の大金星か? ポイントは政治家ルートの解明でしょうね。圧力かけられ腰砕け? ビビって忖度? さて、お手並み拝見_φ( ̄ー ̄
  • 発注者の見積もりの5%引きで受注し、多くの従業員の雇用を確保し、一部の人間が詰め腹を切って工事を完成させる。
  • この4社処分されたら、日本の大規模な公共事業は停滞するだろうな。自治体は指名停止しなければならない。 中には災害復旧工事もあるだろう。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: