ホーム

記事一覧

RSS

学校に行くのは週1 前向きな不登校を選択したある親子の挑戦

 年間30日以上学校を休んだ場合、文部科学省の定義では、おおむね「不登校」と判断される。しかし、東京都内に住む会社員の佐別当(さべっとう)隆志さん(40)の娘の絵里ちゃん(6)は、あえて小学校に通うのは週1日とし、それ以外は英語教室に通ったり、母親の指導を受けたりして学ぶ。背景には「画一的な学び」への抵抗感がある。

 学校と学校外の学びを組み合わせた教育方法を佐別当さんは「ハイブリッドスクーリング」と呼び、一つの選択肢として普及を目指している。しかし、法的な課題も多い。ハイブリッドスクーリングの定着はあり得るか。現状を取材した。 

※引用元:

学校に行くのは週1 前向きな不登校を選択したある親子の挑戦 | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20171206-00000009-wordleaf


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 学校教育も経ての二者択一ではなく、画一的教育を疑問視した親主体の選択に疑問。同世代の子供達との切磋琢磨、共体験をさせない不利益と、コレは子供の意見も入ってるって暗に主張してる事に違和感。
  • 法の建前はともかく、年功序列を前提とした安定志向の人生モデルが崩壊している以上、こういう教育法もありだと思う。ただし、そのリスクは専ら子供が負うことを忘れてはいけない。
  • 教育方針は各家庭にあるでしょうが、学校で同世代の人と囲まれることで培われる社会性が学べないのは損だと思う。また大人と関わり過ぎて、年相応の感性を損なわないだろうか。
  • 大人になってから学校では勉強というよりは忍耐や協調性、人間関係の構築や友達と過ごす楽しさ学んだなーと分かりました。この子はそれを全く学ばずに大人になるのでしょうか…
  • PAGE) 自給自足の暮らしを強要する親と同じ「かほり」がして、ものすごく香ばしい。。。なんか本当の不登校の子供を抱える家庭がこれを見たらどう思うだろうな。
  • 教育とは平凡への強制である。非凡なる才能は学校教育程度では潰れない。才能があると勘違いして普通のことが疎かになるような育て方はしちゃダメよ。
  • 色々な考え方があって良いと思う☝️ただ、教育面のみの理由で学校に通わせないのはどうかな?って思う⤵️日本でしか通用しない人間になって欲しくないって…💦日本ですら通用しない人間にならなければいいが💦


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: