ホーム

記事一覧

RSS

プレミアムフライデーは失敗?「格差の実情があぶり出されただけ」

 2017年を象徴する出来事のひとつ「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜日に早帰りを促し消費喚起と働き方改革を狙ったものの、いずれも成功しているとは言い難い。企業の人材戦略や労働問題に詳しい千葉商科大学の常見陽平専任講師は「日本が直面する格差の実情があぶり出されただけで、本質的な問題解決につながっていないことが最大の要因」と指摘する。今回の取り組みが示唆することを聞いた。

 ―経団連と経済産業省の旗振りで始まったこのキャンペーン。成功しているとは言い難いです。

 「失敗の要因は、月末の金曜日に社員が早帰りできる環境にある一部の企業と、そうでない企業に社会が二極化する実情があらためて、浮き彫りになったこと。業務の発注方法など取引先との関係や消費者が求めるサービス水準は何ら変わっていない。理想とはほど遠い現実があるのも当然の結末といえる」

<以下省略>

※引用元:

プレミアムフライデーは失敗?「格差の実情があぶり出されただけ」

https://newswitch.jp/p/11411


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • まず個人の「自分の人生をどう描きたいか」という自己理解が必要かと。 >働き方改革とは、政府や企業に自分たちのライフスタイルを決めてもらうようなものではなく、一人ひとりが今後どんなライフスタイルを目指すのかを主体的に目標設定するこ…
  • プレフラなんて余計なお世話。勤怠管理、残業規制の徹底をすれば良い。本当に本当に無駄な仕事、やり方が多い。
  • 格差を縮めたいなら金持ちに金を使う時間を与えるべきで、貧乏人が「俺達にも時間を!」と叫んでも何にもならない。
  • 周りにも知人にも1人も帰ってる人がいない。正直どこでプレミアムフライデーやってるんだという印象。元々いてもいなくてもいい人が、文句言われず帰るために作ったルールかな
  • プレミアムフライデーへの評価が成功だったか失敗だったかで、その人物が資本家の側なのか労働者の側なのかがわかるよいリトマス試験紙になっていますね。
  • やらないよりやった方が良いと思う。 でも、みんなが失敗すると思っていたのも事実。 これから改善されれば良いな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: