ホーム

記事一覧

RSS

日本の労働生産性 OECD35カ国中で20位

 日本生産性本部は20日、2016年の労働生産性の国際比較を発表した。時間当たりの労働生産性(就業1時間あたりの付加価値)は、日本が前年比1.2%上昇の46ドルだった。国内総生産(GDP)が拡大した一方、1人当たりの労働時間が減少したためで、増加は7年連続となった。

 しかし経済協力開発機構(OECD)平均の51.9ドルは下回っており、加盟35カ国中の順位は20位で昨年と同じだった。先進7カ国(G7)でも最下位が続いている。

 1人当たりの年間の労働生産性は8万1777ドルで、OECDでの順位は昨年と同じ21位。3位の米国(12万2986ドル)の3分の2の水準にとどまっている。

 同本部では化学や機械などの分野で米国の生産性を上回るなど、製造業では競争力があるが、小売業や運輸業などサービス産業で米国の半分程度しかないことが日本の生産性全体を低くしているとしている。

<以下省略>

※引用元:

日本の労働生産性 OECD35カ国中で20位

http://www.sankei.com/economy/news/171220/ecn1712200037-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 判子・紙媒体絶対主義、長く無駄な会議、社内根回し、ダラダラ残業した方が頑張ってると評価される国民性。古く悪い慣習ばかり押し…
  • 要するに、牛丼といった外食の価格も、アマゾンが使う宅急便の価格も安すぎるわけです。賃金という対価を乗せれば相応の金額になり、「労働生産性」も上がる。
  • もう風土が阿呆だもん。仕事しなくても長時間職場にいれば有能なんだもん。むしろ仕事与えつつ1日6時間労働にして残業をむしろ違法にしてしまえば上がると思うよ。
  • 「製造業では競争力があるが、小売業や運輸業などサービス産業で米国の半分程度」…これ見ても日本経済の進歩が高度成長期で止まっているのは明白。ここ20年の話でなく元々ダメになってたのが露呈しただけ。受け入れなきゃね。
  • 先日、学生の方からの相談で残業を美化する企業の話を聞いたというのがありましたが、残業はそれだけ労働生産性が低い、仕事が上手くないということだと思っています。
  • だから大企業とか高級官僚組織の好き勝手をやめさせろよ。働く人たちのモチベーション上げないと国の滅亡が早まるばかりだぞ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: