ホーム

記事一覧

RSS

「多額の損失」外れ馬券、経費と認めず…最高裁

 競馬の外れ馬券代を経費と認めず、追徴課税した国の課税処分を巡り、東京都内の男性が処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は男性の上告を棄却した。

※引用元:

「多額の損失」外れ馬券、経費と認めず…最高裁

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171221-OYT1T50148.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 本当に泣きっ面に蜂。いかに頭の悪い(or数学がわからない)裁判官が多いかを示す判決。競馬はそもそも期待値75%のゲームでpassive運用をすれば損失が出るもの。利益を出しているか否かで経費の認定を決めるなんて。
  • 「年単位で多額の損失が生じているなど、男性の馬券購入は、一般的な愛好家の馬券購入と質的に変わらない」←儲けた人からは取れず損した人には賦課できるって、そんな課税方法自体が無理筋なのでは?
  • こうやって庶民の夢を奪う。あなたなら馬券はずれて損失のが多いのにさらに税金取られたらどう思いますか?ただ、この件は他と違い精査が今一度してみたい。
  • 「一般的な愛好家の馬券購入と質的に変わらない」とする理路が良く理解出来ない。「量が変われば質も変わる」は常識じゃないのかな。。
  • ちょっともうこの界隈は白黒とグレーが混ざり過ぎてマーブル模様になってないか?何がダメで何がOKなのかブレすぎ。何億も馬券買う財力がない庶民には関係ない話ではありますが…
  • 同じ裁判長が「多額の利益を上げ続けている場合」と「多額の損失を生じている場合」で判断を変えたわけか。 強者に優しく弱者に厳しい、いかにも今の日本だわ。
  • 以前の人は年間3億以上、中央競馬のほぼ全レースで「営利目的の継続的な行為」と認められたが今回はそれに満たなかったということか。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: