ホーム

記事一覧

RSS

<来年度予算案>総額97兆7128億円 6年連続最大更新


 政府は22日、2018年度予算案を閣議決定した。一般会計の総額は97兆7128億円で、17年度当初予算(97兆4547億円)から2581億円(0.3%)増加し、6年連続で過去最大を更新した。高齢化で社会保障費が伸びたほか、防衛費も過去最大を更新し歳出全体を押し上げた。

 歳出から、国債の利払いなどに充てる国債費、国から地方に配分する地方交付税交付金などを除いた「一般歳出」は、17年度当初予算比5367億円(0.9%)増の58兆8958億円。政府は15年に決めた財政健全化計画で、16~18年度の一般歳出の伸びを1・6兆円(年5300億円程度)に抑える目標を掲げており、最終年度となる18年度も目標を達成した。

 歳出項目別では、全体の約3割を占める社会保障費は、4997億円(1.5%)増の32兆9732億円で過去最大となった。ただ、薬価引き下げなどで、高齢化による自然増を5000億円程度に抑えるという目標は達成した。また、北朝鮮情勢の緊迫化などを踏まえ、防衛費も660億円(1.3%)増の5兆1911億円となった。公共事業費は26億円増の5兆9789億円、文教・科学振興費は79億円増の5兆3646億円と、いずれもほぼ横ばいとなった。地方交付税交付金は、521億円(0.3%)減の15兆5150億円。

<以下省略>

※引用元:

来年度予算案:総額97兆7128億円 6年連続最大更新 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20171222/k00/00e/020/259000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 大衆受けする(相撲ネタ)でメディア操作して、裏でこれを成立させる政権てどうなん。なぜこれらを各社取り上げんのかさっぱり理解できん。
  • 政府が決定した2018年度予算案は歳出改革を素通り?改革からはほど遠い?税収増や低金利を前提にした予算編成が当たり前で歳出抑制への政府の危機感は薄いのでは?
  • 民主党政権の時に散々、財源がと騒いでたよね…自民党は。いまじゃ財源もクソも無く毎年の様に過去最大の予算を更新中。アレ何だったの?で、マスコミは全く突っ込まず。…
  • 6年連続最大更新(毎日新聞)歳入に占める国債発行額の割合を示す国債依存度は、34.5%と前年度(35.3%)からわずかに低下した。 借金まみれで感覚麻痺してるんやな。
  • これが当たり前になる異常。偏差値追いかける教育の成れの果てでしょ。現実逃避。

























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: