ホーム

記事一覧

RSS

「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか

 とりあえず一応の区切りが付けられた。元横綱、日馬富士の傷害事件に関連し、日本相撲協会が20日午前、両国国技館で横綱審議委員会の臨時会合を開いた。貴乃岩に暴行を働いた日馬富士については「引退勧告に相当する」とし、現場にいながら事件発生を食い止めることができなかったとして白鵬、鶴竜の両横綱には「厳重注意」とする旨を発表した。(臼北信行)

 同日午後に開かれた臨時理事会でも白鵬と鶴竜に厳しい追求が向けられ、両横綱には横審の罰則案を上回る形で報酬減額の懲戒処分が下された。両横綱には来年1月分の給与を全額支給せず、加えて白鵬のみ2月分も半額不支給とすることを全会一致の特別決議として決定。相撲界の第一人者でありながら暴行を止められずに大相撲の信用失墜を招いたとして白鵬に形式上では重い処分を下した。

<以下省略>

※引用元:

「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか

http://www.sankei.com/column/news/171222/clm1712220008-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 横綱が誰彼構わずに張り手をかましていて、とても気分が悪い。先場所の遠藤戦では、左で張り手、右で『かち上げ』をして遠藤は腰砕けになって土俵を割った。しかし、『かち上げ』ではなく、プロレスのエルボーバット(ひじ打ち)に見えた。
  • 経営のど素人である力士上りが運営している日本相撲協会に自浄作用が働くと期待する方が無理。 評議員会議長と協会の一部理事からちょっとした気の緩みから大きな問題になったとの発言には呆れるしかない。 力士から理事の道を閉ざさな…
  • ことここに至っても賜杯に焦点が当てられないのが不思議で仕方がない。協会は恥を知らぬ者どもの集まりか。 ここはもう、有無を言わず言わせず、謹んで返上すべきだろう。
  • だから品格を問うのなら、しっかりと振る舞いを見極めないの?ハッキリ言って品格まで問うのなら、簡単に横綱なんて生まれないよ。横綱不在場所があっても致し方無しのスタンスが無いなら、今後も続くよ?
  • 何だそれ!平成の大横綱(白鵬)の功績を認めたくない人間たちのヒガミ? 日本人の力士には甘く、外国人力士には厳しい声で糾弾する様が寂しい心だろ。
  • 問題の本質は腐敗しきった日本相撲協会です。相撲は八百長は当たり前。そうさせてきたのは相撲人気維持のため。日本人横綱の誕生も疑問あり。モンゴル人は協会の被害者だと思います。モンゴル人悪人で幕引き。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: