ホーム

記事一覧

RSS

生活保護費、7割の世帯が減額へ 都市部で減額幅大きく


 生活保護のうち食費などの生活費にあたる「生活扶助」が、来年度の見直しで受給世帯の約7割で減る見通しになった。厚生労働省が22日発表した。都市部の単身世帯や多子世帯で減額幅が大きく、地方を中心に増額になる世帯もある。見直しは2018~20年の毎年10月に段階的に行う。扶助費は最終的に年間160億円(1・8%)減る。

 生活保護基準の改定は5年に1度。今回は地域や世帯類型別に、一般の低所得世帯の消費支出と同水準になるように見直した。減額幅が計算上5%を超える場合は、影響を抑えるために一律で5%の減額とした。

 その結果、一人親世帯に支給する「母子加算」などを含めた生活扶助額は、受給世帯の67%で減る。8%は変わらず、26%は増える見込みだ。減額になるケースが多いのは受給世帯の約8割を占める単身世帯だ。65歳未満の81%、65歳以上で76%が引き下げになる。例えば東京23区に住む75歳の場合、来年10月から月2千円減って月7万3千円になり、最終的に7万1千円になる。

<以下省略>

※引用元:

生活保護費、7割の世帯が減額へ 都市部で減額幅大きく:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDQ4VGMKDQUTFL00T.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 安倍政権のやり口がよく表れている。防衛費にはかつてない巨額な支出をする一方、福祉は切り捨て。国民は守る必要ないが国土は守る。国破れて山河あり。
  • 生活困窮者への扶助を減らしてミサイルを買う。 誰がどう考えたって,こんなバカな政治はない。 受給者は,自民党と官僚と財界の利権追求の犠牲・・・。
  • 1万円近いカットは人間の沙汰じゃない。…ひょっとして、厚労省の担当部局がヘイト派に占拠されているのだろうか。(政権中枢が占拠されているという説も強いが。)
  • 「健康で文化的な最低限度」であって「快適かつ享楽的な最低限度」ではないからな。 エアコン撤去、水浴び、厚着、自炊、禁酒禁煙、ラジオ、ガラケー図書館利用でよし
  • 軍事費減らせよ! 北の脅威等は知識と知恵で戦え! それが出来ないから無能呼ばわりされるんだ!!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: