ホーム

記事一覧

RSS

<福島県産米>全量全袋検査 生産現場「再考を」 出荷遅れ負担も大きく


 東京電力福島第1原発事故後、全量全袋を対象に続けてきた福島県産米の放射性物質濃度検査を巡り、県は2018年度以降の新たな方向性を17年度内に示す方針だ。国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えたコメは15年産からは全くなく、負担感など現行検査のマイナス面を指摘する声が高まる。見直しを求める生産現場を取材した。(福島総局・高橋一樹)

 白河市の山あいに広がる入方(いりかた)集落。農家27戸が参加する農事組合法人「入方ファーム」は10月上旬、コメ取引をまとめた。東京都の販売業者と直接取引する原発事故後初のケースだ。

 契約した12トンを出荷できたのは11月中旬。代表理事の有賀良雄さん(68)は「想定より1カ月近く遅れた」と説明する。

 出荷用の1トン入りの計12袋から玄米を1キロずつ抜き取り、市役所に送った。他の業者とも重なり、検査終了まで時間を要した。

<以下省略>

※引用元:

<福島県産米>全量全袋検査 生産現場「再考を」 出荷遅れ負担も大きく

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171224_63009.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 金は出すけど人は出さず。国がもっと金と人だせよ。 つか、メディアは何で放射能汚染ガーとか言いまくってこのことは報道しないのか意味不明。
  • そういうのは、被害が少ない安全な米がとれる場所で、本当にヤバい場所で、つくった米を検査するのをやめるのか?もうそこでは作っていないのだろうか。
  • 何をトチ狂っているんだ、福島県と生産者。自分達が望まれもしない放射能汚染食品を作っているのを忘れるな。そもそも福島原発事故以来、絶対に買わないが。
  • 6年データ取ってそのうち3年も問題ないのならまぁ安全に重きを置いてもあと1~2年やれば十分やろな。
  • さすがに全量はもうしなくても、と思う。 よくいくイオンには福島産売ってなかったから、今度おコメを買うときは別の店に行ってみよう。
  • 全量検査はあれだけ報道しているのに知らないという農家がおかしい。本当に知らなかったのであれば、検査以外に問題があるでしょ。個人的には気にしてないけど。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: