ホーム

記事一覧

RSS

スバル車念頭に購入補助へ 地元自治体、受注減受け支援

 群馬県大泉町は来年4月から、スバル車を念頭に安全性の高い車を購入した高齢者に対し、町独自に補助金を交付する方針を固めた。20日の定例記者会見で、村山俊明町長が明らかにした。無資格検査問題で、国内向け受注が大幅に減るなど窮地のスバルを地元自治体として支援する狙いがある。

 村山町長は、スバル大泉工場からの法人町民税が全体の9割弱を占めていることなどを説明。結果として町は3年連続で普通交付税の不交付団体となっており、「スバルから恩恵や多額の寄付を受けながら、困ったときに手を差し伸べないのはいかがなものか」などと補助金制度を導入する理由について述べた。

 補助金の対象となる安全性評価の高い車としては、高齢者に多くみられるアクセルとブレーキの踏み間違いに対応する誤発進抑制制御装置や衝突防止機能を備えたスバルの運転支援システム「アイサイト」などを想定している。

<以下省略>

※引用元:

スバル車念頭に購入補助へ 地元自治体、受注減受け支援:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDN4HKVKDNUHNB006.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 群馬県民が税金でスバルの期間従業員や社員、役員、株主に「#生活保護」を払うわけね。で、期間労働者は給料を貯めたら田舎へ戻って行く。
  • 大泉町…確かに町内におけるスバル工場(と関連施設)の存在は大きいだろうが、ただでさえ外国人生活保護者云々で圧迫されてるのに大丈夫なんかね?
  • けしからんと言う人も出そうだけど、こういう意図の補助金は多少はあってしかるべきだと思うよ。それに対象が60歳代と狭いし一人当たりの金額もそれほど大きくない。
  • 単に人気が下がったり、他社の安価な製品に流れて受注減ならともかく、法令違反での受注減をなぜ税金で補助する? 倫理的な問題があるのでは?
  • 不正で窮地に陥ってるんだから、「困ったときに手を差し伸べないのは云々」で補助金出すのは違うでしょう。 これまで沢山納税してくれたから違法行為の報いを肩代わりするって言ってるわけで。
  • 不正で売り上げが落ちた企業を行政が市民の税金使って応援するのはどうかと? 職員が身銭切って休日に応援しろよ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: