ホーム

記事一覧

RSS

処分後もセクハラ行為続ける、准教授を諭旨解雇

 山口大(山口市)は25日、複数の女子学生にセクハラ行為をしていたとして、同大大学院創成科学研究科の男性准教授(50歳代)を諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表した。

※引用元:

処分後もセクハラ行為続ける、准教授を諭旨解雇

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171225-OYT1T50047.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • こういう事例についても「公的な処分」ではないよな。あくまで組織の処分。それもだめなのかという話にもなる。ただ、組織の処分も「これ以上被害を出さないため」という意味合いが最も強いと思うけどな。
  • 公務員は処分が軽い+実名が出ないから再犯率も高そうだな 統計的にはどうなんだろうね 民間なら一発で解雇(もしくは自主退職)も珍しくないのに 閉鎖環境と補助金依存も原因だから、どんどん補助金カットすべき
  • 記事とは関係ないですが(ちなみに否認とのこと)、「諭旨解雇」を「ろんしかいこ」と誤読するのは新人弁護士あるあるですので気をつけてください。
  • なぜ氏名を公表しない? 警察が介入出来ないから? なんか、別の犯罪を起こしそうだよ。
  • こういうエロ教授、どこ行ってもやるんでしょうね。 自分の娘にやってれば??? 娘がいればの話しですが。
  • 「准教授は以前にも、同様の行為をしたとして、同年3月に戒告の懲戒処分を受けていた。昨年6月に女子学生から大学側に相談があり、セクハラ行為を続けていたことが発覚」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: