ホーム

記事一覧

RSS

那須雪崩事故から9か月…いまだ謝罪なし、消えない遺族の怒り


 栃木県那須町で3月27日、登山講習中に起きた雪崩事故は、県立大田原高校の生徒7人と教員1人が亡くなる大惨事だった。県教委が設置した検証委員会は10月に出した最終報告書で最大の要因を「危機管理意識の欠如」として、講習会を主催した県の責任を認めたが、遺族の悲しみと怒りは、今も消えていない。高校1年の高瀬淳生(あつき)さん(16)を失った母・晶子さん(51)=栃木県矢板市=が取材に応じ、今の思いを語った。

 3月27日に起きたことを思い出す度に、晶子さんは涙が止まらなくなるという。搬送された病院に駆け付けた夕方には、人工呼吸器をつけた淳生さんの体は、すでに冷たくなっていた。医師は必死で心臓マッサージを続けていたが、覚悟を決めた時、晶子さんは医師に「淳生の臓器を提供することはできますか」と尋ねていた。

<以下省略>

※引用元:

那須雪崩事故から9か月…いまだ謝罪なし、消えない遺族の怒り

http://www.hochi.co.jp/topics/20171225-OHT1T50167.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 雪崩の危険があるのに訓練て頭がおかしいのか?ビーコン無しも信じられない。早急に全国の学校でバカ指導者の指導が間違っている場合、生徒が拒否できる仕組み作りが必要だ!
  • 偶然の天災と山岳部関係者は捉えてないのか、責任の所在を限定しないと頭下げる気がない変なプライドか?過去の苦い経験を忘れ、具合が良かった経験しか活かさないから起きたのに。
  • 栃木で子をもつ親は他人事と思って傍観してはいけないと思う。教育委員会、担当者の報告して終わりの無責任な風習を断たないと教育現場に預けた自分の子供を守れないと思う。
  • 私ごときは部外者なのですが、栃木県警が捜査中であるとはいえ、当事者や県の責任者からの正式な謝罪がない、という記事を拝見して驚いてしまいました。実施した行事で8名もお亡くなりになったのに?
  • 危険地帯で訓練したのもあるけど、責任者が現場にいなくて無線で連絡していた。冬山はその場にいないと判断難しいと思う。























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: