ホーム

記事一覧

RSS

長距離巡航ミサイル国産化 政府検討 34年度に試作品


 政府が敵基地攻撃能力の保有も視野に入れ、長距離巡航ミサイルの「国産化」を検討していることが27日、分かった。平成34年度の試作品完成を目指す。政府は米国などから長距離巡航ミサイルを導入する方針を固めているが、緊迫する北朝鮮情勢や中国の海洋進出に対処するには、独自開発による防衛力整備も必要と判断した。装備品の海外調達費を抑え、国内防衛産業の成長を促す狙いもある。複数の関係者が明らかにした。

 政府は30年度予算案に米国製とノルウェー製の長距離巡航ミサイルの調達費を計上した。米国製は900キロ、ノルウェー製は500キロを誇る。防衛省幹部は「長距離巡航ミサイルを持つことで、敵の脅威圏外からの攻撃が可能になる。空自パイロットの安全性は格段に増す」と説明する。

 一方、自衛隊が保有する対艦ミサイルの射程は約170キロ。技術的には長距離巡航ミサイルの国産化は可能とされていたが、「専守防衛」の立場から開発は見送られていた。

<以下省略>

※引用元:

長距離巡航ミサイル「国産化」を検討 34年度試作品完成目指す 敵基地攻撃能力保有を視野

http://www.sankei.com/politics/news/171228/plt1712280005-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 頑張れニッポン! 防衛費の増額を支持します! 国防には金が掛かるが国内で兵器を製造すれば設備投資や町工場の下請け企業にまで金が回る極めて優良な公共事業だ。
  • 防衛研究は絶対に必要。時間もかかる。すぐに取り組むべき。 内側からの侵略にも対応して欲しい。これは日本国民もTwitterなどで協力できる。
  • 聖書に準拠した戦勝国と敗戦国の70年契約が終了したからね。 全兵器を国産化して国産兵器を用いた日本軍が日本国を防衛する体制を築くからね。
  • これには大賛成。今、世界は中国製の武器が席巻、日本が巻き返して世界侵攻を目指す中国に対峙すべきだ。それにいつまでも米国製の武器でもあるまい。
  • 「今なら何でもできる」と増長する自民党。放っておけばどこまでも行く。通常国会を市民と立憲野党による抵抗の舞台にしなければ。→
  • 昭和31年の鳩山一郎の答弁以来、専守防衛の枠内でも敵地攻撃できるという政府見解だったのに、政治配慮してきた今までが異常だっただけ。
  • 専守防衛の枠を大幅に越えて先制攻撃の武器開発です。このままだと日本は72年前と同じ過ちを繰り返し滅びる!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: