ホーム

記事一覧

RSS

リニア談合、清水建設も認める 大林組に続き2社目

 リニア中央新幹線の建設工事を巡り、大林組、大成建設、鹿島、清水建設のゼネコン大手4社が談合したとされる事件で、清水建設の元専務が捜査当局の調べに、4社での受注調整を認めていることが関係者への取材でわかった。

 捜査当局に談合を認めたのは大林組に続いて2社目。大手4社のうち受注調整に加わったとされる複数社の関係者が認めたことは、秘密裏に進められた談合の実態解明をするために大きな進展となった。

 東京地検特捜部と公正取引委員会は、これまでに発注されたリニア関連の22件の工事について、4社が談合していた、とみており、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで関係者から事情聴取を続けている。

 4社はすでにJR東海などが発…

※引用元:

リニア談合、清水建設も認める 大林組に続き2社目:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDX758GKDXUTIL05B.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 政治を含め、日本の親方が悪だから、末端企業、人間までが駄目になってしまった。早く人間教育と指導者の頭を代えないと日本自体が全て二極化してしまう。マスコミ、有識者は何をしている。
  • 技術的なハードルが無く、無限の施工能力と管理能力がある事が前提である競争入札するのが、間違ってるだろ? 技術的、コスト的に誠実に向き合えば、事前調整するしかない。
  • マイミクさんのつぶやき こんな事業、少なくとも一旦凍結すべきですね。オリンピックも豊洲移転も、みんな利権がらみの不正が裏にある。ロクでもない土建国家。 ---
  • 特殊なプロジェクトを得意な業者に任せるのは良いことだ。発注者が調整できないから裏で受注者がやる。発注者側が採算の取れるよう見積もった費用内で収まれば良いではないか。
  • あのね、一社で全ての工区出来ないのですよ!!施工能力も大手以外は難しいのですよ!!自ずとどの工区を何処がするのかを話し合いになるのは当然!
  • 誰がチクったのかな。リニア新幹線の完成を遅らせたい、もしくは中身をねこばばしたい外国系企業?気をつけないと。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: