ホーム

記事一覧

RSS

老舗旅館、週3日休館でも売り上げ倍 目をつけたのは…


 週3日、休館。それでも、売り上げは倍、社員の平均年収も4割増――。

 そんな夢物語を実現した旅館がある。神奈川県秦野市の鶴巻温泉にある「陣屋」。来年で創業100年を迎える老舗だ。

 話は2009年にさかのぼる。先代が急逝し、長男で大手自動車会社の技術者だった宮崎富夫さん(40)が跡を継いだ。妻の知子さん(40)は旅館で働いた経験がないまま、出産2カ月後に女将(おかみ)になった。

 借金は10億円。どんぶり勘定の経営が続いた結果だった。料理に使う食材の在庫管理があいまいで、むだが多い。経営分析しようにも、紙の台帳しかない。

 富夫さんの経験を生かし、目をつけたのがITだ。予約から経理まで一元管理できるソフトを開発し、全従業員にタブレット端末を配った。

<以下省略>

※引用元:

老舗旅館、週3日休館でも売り上げ倍 目をつけたのは…:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDV6HXWKDVULZU00Z.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • おもしろい。コスト削減やIT導入を真っ先に進めた上場大企業の大幅な増益の余地は限られる一方、中小企業にはその余地がまだかなりあるという話と受け止めました。動画つき!
  • ※素晴らしい!休みを十分に取って、売上倍増、正社員の平均年収増加、離職率激減。「顧…
  • サービス業だけではなく、どの組織にも当てはまることですよね。ヒトはより価値が生まれる事に集中して、その他はテクノロジーに任せる。
  • ITの活用で人手を減らす一方、質と単価を上げて客を減らす。生産性向上の見本。
  • 陣屋さんは歴史と名前があるからできたんでしょ?、とかは言わない様にしよう。 彼は正しい方向に努力したのです、多分。 見習う部分はたくさんある、きっと
  • いい人材が集まるのはやっぱりこう言うところだよね。離職率が低いってことは仕事に精通した社員が増えるってことだもんね。
  • 「働く人の生活の質が上がらないと意味がない」 本当にその通りだと思う。 当たり前の事を犠牲にしたいとは誰も思わないはず。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: