ホーム

記事一覧

RSS

痴漢の高齢男性に女子高生が「回し蹴り」…正当防衛と過剰防衛の線引きは?


このエピソードの真偽は不明だが、ネットでの議論では、「回し蹴りまでするのは過剰防衛」とする意見や、「全力で反撃しないと体格や力で勝る男性には勝てないから正当防衛」とする意見に分かれた。しかし、もしも反撃を受けた男性が怪我をしたり、最悪のケースとして死亡したりした場合、被害者が一転して加害者になり、罪に問われるケースもあるという。「過剰防衛」と「正当防衛」の境界線はどこにあるのか。中村憲昭弁護士に聞いた。

「正当防衛」として認められる範囲とは?

「『正当防衛』は、犯罪行為に該当する行為を行っても、例外的に違法ではなくなる場合のことをいいます。正当防衛が認められるためには、(1)相手の侵害行為が不正で、(2) 侵害が差し迫っており、(3)防衛のために (4)やむを得ずにした行為でなければなりません。

<以下省略>

※引用元:

痴漢の高齢男性に女子高生が「回し蹴り」…正当防衛と過剰防衛の線引きは?

https://www.oricon.co.jp/article/370425/


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 老人に對しては防衛行為の相當性が問題となる。本件に於いては被害者が武道の心得があるとすれば身體を触られるといふ侵害行為に對し、一回の回し蹴りでも過剰防衛になる可能性がある。
  • どんなクズでも危害加えたら加害者になるからね。でも個人的には画鋲か剣山をそのクズの手に突き刺すくらいは国から了承ほしい気持ちだわ。
  • タイトル見て、蘭ねーちゃん、としか思わなかった。高齢がエロジジイなのかエロオヤジなのかで変わるかな。ジジイだと骨が折れるからな。
  • 襲われても何も抵抗出来なかったら「なんで抵抗しないの?」抵抗したら過剰防衛とかこの国は加害者に甘すぎる。性犯罪者は殺しても構わないねしょ
  • (弁護士ドットコム) 武道経験者が回し蹴ると過剰防衛になるかもしれないが、世論は味方に付ける事できると思う。…
  • (弁護士ドットコム) やられた側が身を守ったら責められるのは日本の風潮なの? 老人だろうが、障害者だろうが、反撃するのは当た前でしょ
  • 話が事実だったかはさておき、死ぬ或いは高度障害が残るレベルじゃなきゃ正当防衛でしょ。こっちは襲われてんだ、アバラの一本や二本折ったって釣…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: