ホーム

記事一覧

RSS

海保航空機の下敷き、整備士が死亡 鹿児島の格納庫


 29日昼過ぎ、鹿児島空港(鹿児島県霧島市)にある航空会社日本エアコミューターの格納庫で、同社の整備士木原弘貴(こうき)さん(31)=霧島市国分福島1丁目=が海上保安庁の航空機の下敷きになり、まもなく死亡した。

 霧島署や日本エアコミューターによると、事故があったのは29日午後0時50分ごろ。同社が整備を受託している海保機「うみつばめ」(サーブ340型、全長約20メートル)の定期検査のため、整備士10人ほどが牽引(けんいん)車で機体を格納庫へ引き入れる作業中、機体が左に傾いた。木原さんは主翼と地面に頭を挟まれ、搬送先の病院で午後3時ごろ死亡が確認された。

 第10管区海上保安本部の説明では、「うみつばめ」は鹿児島空港を拠点に領海警備や救難活動を担当している。(斉藤明美)

※引用元:

海保航空機の下敷き、整備士が死亡 鹿児島の格納庫:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDY533MKDYTLTB008.html


管理人の反応

(ノД`;) シクシク


ネットの反応

  • 企業の品質偽造、新幹線台車破損見逃し、社会全体がたるんでいる。もっとゆっくり確認しながら進めといいたい。
  • 私の大好きな人は、この航空機に乗って海で人の命を助けている。 でも、陸で、目の前で、その航空機で、こんな事故が起きるなんて。。。
  • 不注意が多いんじゃないんですか?いつか飛行中に窓が落ちてきたりして。ご冥福を祈ります。
  • 傾いた機体に挟まれたらヘルメットも何の意味もないだろなぁ。 気の毒すぎる。 しっかり検証して二度と起きないようにしないと。
  • 主脚のロックが外れてる??? 何故そうなった?!!?これは辛み、、、!
  • 本当に気の毒。なぜ勤労者がこのような事故で命を落とさなければ行けないのか?腹が立つ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: