ホーム

記事一覧

RSS

なぜ減った? 正月飾りをつけるクルマ

 北海道上川町で24日、酪農の農場で従業員が死亡する事故が発生した。道内では牛による作業中の負傷事故が年間700件発生しており、全国では家畜関連の死者が2015年までの10年間で31人に上っている。家畜の生態を熟知しているはずの畜産農家だが、牛は草食動物で警戒心が強く視力が弱いため暗い牛舎で人が事故に遭いやすいとして、専門家は改めて注意を呼び掛けている。 この牧場は牛が自由に歩き回れるフリーストール牛舎で、搾乳牛約400頭を従業員16人で管理している。情報通信技術(ICT)を使った牛の管理など新たな仕組みを導入し、社会保険や休日制度などを整えて、従業員が長く働ける職場づくりに努めてきた。安全性についても、週1回の打ち合わせ時に呼び掛けるなど配慮してきたという。 死亡した男性は元々、個人で酪農を営んでいたが、二十数年前に廃業して以来、この牧場で働いてきた。長年の経験を踏まえ、同僚にも仕事のやり方や安全対策などをアドバイスしていたベテランだけに、「どうしてこうなったのか」と、関係者は途方に暮れている。 農作業事故と安全対策に詳しいJA富山厚生連健康福祉課の健康福祉アドバイザー大浦栄次さん(68)は、牛による事故の要因について「牛がおびえると、足で蹴ってきたり体を押し付けてきたりするなど、極端な排除行動をする」と指摘する。 牛は元来、草食動物で警戒心が強い上、視力は人間換算で0・04~0・08程度と弱い。このため、牛舎内が暗いと近寄る人が見えず、気配に驚いて逃げるときは全力で駆け出すなど、危険を回避する行動を取ることがあるという。 大浦さんが農村医学研究所の主任研究員として全国の酪農・畜産現場を回って調査した結果、牛舎の多くは照度が16~20ルクスだった。これは、労働安全衛生規則で労働者が簡単な作業に常時就業するための最低基準である70ルクスを大幅に下回る。 大浦さんは「牛舎が暗いと床がぬれたり汚れたりしていても気付かず、つまずいて牛に当たって事故を併発する可能性もある」とし、明るい牛舎を推奨する。また、乳牛に比べて触られる機会の少ない肥育牛は「慣れていないので、出荷時に触られると暴れだすことがある」と注意を促す。 <概要> 24日午後、北海道上川町の農事組合法人・大雪牧場の牛舎内の通路で、従業員の男性(61)が倒れているのを別の従業員が見つけ、119番した。男性は搬送された病院で死亡が確認された。 事故は、男性が牛舎の掃除をしているときに起きた。現場は、出産を控えて搾乳を休んでいる牛60頭を管理する牛舎。事故の目撃情報はなく、男性が通路に倒れているところを発見された。死因は特定中だが、同牧場の関係者は「牛が正面からぶつかって来たのではないか」とみている。 農機上回る負傷原因に 北海道  北海道農作業安全運動推進本部によると、道内では牛による負傷事故が年間700件前後で推移し、増加傾向にある。2016年度は農作業中の負傷事故2195件のうち、牛は744件で、馬、豚と合わせた家畜が836件と全体の38%に上る。農業機械事故(31%)を上回る最も多い負傷原因となっており、16年度までの10年で死亡は4件あった。 同本部は農機より家畜による事故が上回っている背景として、酪農が盛んな北海道の地域性を挙げた上で、「1戸当たりの飼養頭数が増加し、管理の負担が増えて1人で作業を行う場面が増え、けがをする危険性が増している」と分析する。 事故の6割が搾乳時と移動時に発生し、高齢者による事故が目立つことから「事故情報やヒヤリ・ハット事例を地域や集落で共有し、現場に反映させていくことが大事だ」と強調する。 農水省によると、全国の家畜による死亡事故は15年度までの5年間で12件。牛による事故として「牛を誘導中に、牛と壁に挟まれ肋骨(ろっこつ)を骨折」「畜舎で清掃中に牛に押されて転倒し、肩を脱臼」「搾乳中に親指を蹴られ靱帯(じんたい)損傷」「発情期の牛に追い掛けられ、胸付近を頭突きされて打撲」などを挙げ、注意を呼び掛けている。(猪塚麻紀子、齋藤花、福井達之)

<以下省略>

※引用元:

なぜ減った? 正月飾りをつけるクルマ

https://www.agrinews.co.jp/p42881.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 冬はとにかく車が汚れる中途半端な寒冷地だと、お飾りがすぐに汚れてかえって罰当たりなように思えてしまうんだよな。
  • つか、昔はガソリンスタンドで貰えたりしたぞ!月払いの客にね。俺は少なくても貰っていた。ハチロクに着けてた。
  • 確かに昔は自動車に正月飾りを付けたが、妙な風習ではあった。 あれって建物の入口に付けるものだろ?
  • 最初のシャレードのころは、輪飾りをダッシュボードにおいてたような気がする。 1990年代の半ばまでは、そんな感じだったけど、次のプリメーラには置いた覚えがないな。
  • 車にしめ飾りをつけるのは昭和40年代からバブルの終わり頃までのほんの20年行われたにすぎない。しめ飾りは家に飾るもので車に飾るのは伝統の面から見て明らかに変























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: