ホーム

記事一覧

RSS

マスコミが報じる「安室奈美恵」は、2001年で止まっている。


まつたに・そういちろう。1974年生まれ、広島市出身。商業誌から社会学論文まで幅広く執筆。国内外各種企業のマーケティングリサーチも手がける。得意分野は、カルチャー全般、流行や社会現象分析、社会調査、映画やマンガ、テレビなどコンテンツビジネス業界について。現在、『先読み! 夕方ニュース』(NHKラジオ第1)にレギュラー出演中。著書に『ギャルと不思議ちゃん論:女の子たちの三十年戦争』、共著に『どこか〈問題化〉される若者たち』、『文化社会学の視座:のめりこむメディア文化とそこにある日常の文化』など。社会情報学修士。

ハフポストの記事をもっと読む

※引用元:

マスコミが報じる「安室奈美恵」は、2001年で止まっている

http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/30/namie-amuro_a_23319989/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 近年の曲はトラックだけならアメリカの曲に混じっても違和感少ないからなぁ。むしろ洋楽すぎて紅白はオースチンマホーンより違和感アリアリだろうな。
  • マスコミもそうだけど世間はとにかくミーハーが多すぎる。 私は2000年の安室ちゃんではなくR&B志向を追求する今の安室ちゃんが大好きです。 2時間もダンスを踊りながら歌うアーティスト志向はなかなかいない。
  • 日本のテレビを始めとしたメディアがいかに時代錯誤かがよくわかる。時代を先取りするはずが、今は周回遅れの象徴になっている。
  • メディアに出てくれない上に、大ヒットと言える曲が近年なかったのなら。一般的なマスコミは一次的に伝えるだけで複雑な事情をわざわざ伝えるワケがない。
  • 全くの的外れ。地上波に見切りをつけた人が紅白で20分独占なぞありえないだろ。引退商法になびいてしまった。晩節を汚したね。
  • この記事自体に違和感が。。ニッチで大活躍は認めるが、「引退そのものを話題としてクローズアップさせた」レコ社の贖罪に見えるのは僕だけ!?
  • 四半世紀も一線を走ってきたアーティストを20年前の記憶でしか語ることのできないマスコミの耄碌ぶりと、そんな地上波放送局に早い段階で見切りをつけて我が道を進んでいった安室との、埋めがたいギャップ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: