ホーム

記事一覧

RSS

2018年問題…大学曲がり角 少子化直撃、定員割れ4割/統廃合が加速


 少子化に伴う18歳人口の減少が続く中、今年は関係者の間で、大学進学者が減少に転じると予測される「大学の2018年問題」が注目の的だ。頭打ちの進学率、4割の大学での定員割れ、大学間の統廃合の加速…。大学は今後、生き残りをかけた“厳冬期”に突入するが、学生の質の確保もこれまで以上に求められる。大きな曲がり角を迎えた大学はどこへ向かうのか。(花房壮)

 文部科学省などによると、18歳人口は戦後2度目のピークである平成4年の205万人から下降線をたどり、26年には118万人にまで減少。その後、119万人~120万人と持ち直すが、30年には118万人と再び減少に転じ、43年には100万人を割り込むとされる。大学進学率は50%台後半で頭打ちにあり、収益を学生の授業料に依存する大学にとって、18歳人口の減少は経営を直撃する死活問題となっている。

<以下省略>

※引用元:

【2018年問題】少子化加速で大学「厳冬期」 4割で定員割れ 合併救済スキーム検討も

http://www.sankei.com/life/news/180103/lif1801030001-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • Fラン大学大量に作った小泉のせいだにゃ。血税いれて助けないと落選議員の客員教授職がなくなるにゃ。でんでん製造機関Fラン大学。⇒
  • こんな状況の中で無理やり加計学園に学部新設って、安倍晋三氏は時勢を正しく読んでいるのか? 友達だから赤字分も補填してやる気になってるのか?
  • 増えすぎて低レベル化しているのも事実だが、単に淘汰と割り切れるか。安易に認可した国は責任を取らず、余る教職員が仕事を失う。
  • 雑なこと言っちゃうけど、大学を半分に減らして、補助金を50%増額して、余った50%分は保育園関連に充てればいいと思う。
  • うちも踏ん反り返ってはいられんよね。特に定員少ない、金かかる彫刻科なんてどうなるかわからん。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: